Loading...

ナレッジセンター


Microsoft Windows 上の GroupShield for Exchange でサポートされる環境
技術的な記事 ID:  KB51115
最終更新:  2014/02/27
評価:


解決策

Microsoft から新しいオペレーティング システムやサービスパックがリリースされているため、McAfee 製品の製品ガイドに、これらのプラットフォームに対する最新のサポート方針が反映されていない場合があります。
 
製品のインストール ガイドおよび Readme.txt ファイルには、以下の情報の多くが記載されています。ただし、一部の情報は、McAfee KnowledgeBase で公開されている製品管理情報にのみ記載されています。
 
 
Microsoft Windows オペレーティング システム
以下の各表では、Windows のオペレーティング システムおよび Exchange Server のバージョンに対応する McAfee 製品の詳細を示しています。最新のサービス パックがリリースされると、直ちに適用される場合が多いため、最新バージョンのみ記載しています。
 
Microsoft オペレーティング システム
GroupShield 7.0.2 GroupShield 7.0.1
GroupShield 7.0
製品サポート終了 (EOL):
2012 年 11 月
Windows Small Business Server 2011 はい いいえ いいえ
Windows Small Business Server 2008 いいえ はい いいえ
Windows Small Business Server 2003 いいえ はい はい
Windows Server 2008 x64 (Service Pack 2) はい
はい
いいえ
Windows Server 2008 x64 はい
はい
はい*
Windows Server 2008 x64 R2 はい
はい
いいえ
Windows Server 2008 x32 いいえ
いいえ
いいえ
Windows Server 2003 x64 (Service Pack 1)
いいえ

はい

はい*

Windows Server 2003 R2 x64 (Enterprise)
いいえ

はい

はい*

Windows Server 2003 R2 x64 (Standard)
いいえ

はい

はい*

Windows 2003 Enterprise Server (Service Pack 2)
いいえ

はい

はい

Windows 2003 Server (Service Pack 2)
いいえ

はい

はい

Windows 2000 Advanced Server (Service Pack 4)
いいえ

はい

はい

Windows 2000 Server (Service Pack 4)
いいえ

いいえ

いいえ



問題の発生を避けるために、64 ビット システムに McAfee GroupShield 7.0.1 (7.0 サービス パック 1) をインストールすることを推奨します。

McAfee GroupShield 7.0 サービス パック 1 は GSE701ENL.ZIP というファイルにパッケージ化され、McAfee 製品のダウンロード サイトからご利用できます。
McAfee GroupShield 7.0 サービス パック 2 は GSE702ENL.ZIP というファイルにパッケージ化され、McAfee 製品のダウンロード サイトからご利用できます。

Internet Explorer 9.0: McAfee では現在、Internet Explorer 9.0 を使用する Exchange に対して GroupShield のテストを行っています。詳細については、KnowledgeBase の記事 KB72650 を参照してください。
 
Microsoft Exchange プラットフォーム
 
Exchange のバージョン
GroupShield 7.0.2
GroupShield 7.0.1
GroupShield 7.0
製品サポート終了 (EOL):
2012 年 11 月
Exchange Server 2010 SP2 はい (下記参照) いいえ いいえ
Exchange Server 2010 SP1 はい (下記参照) いいえ いいえ
Exchange Server 2010 はい

いいえ

いいえ

Exchange Server 2007 x64 SP3 いいえ はい いいえ
Exchange Server 2007 x64 SP2 いいえ

はい

いいえ

Exchange Server 2007 x64 SP1 いいえ

はい

はい

Exchange Server 2007 x64
いいえ
はい
はい
Exchange Server 2007 x32 いいえ

いいえ**

いいえ**

Exchange Server 2003 SP2
いいえ
はい
はい
Exchange Server 2003 SP1
いいえ
いいえ
いいえ
Exchange 2000 Server post-SP3
いいえ
いいえ
いいえ
Exchange 2000 Server SP3
いいえ
いいえ
いいえ

重要: GroupShield 7.0.1 パッチ 1 の導入に伴い、McAfee では SP1 ロールアップ 4 未満のハブ サーバーの役割を果たす Exchange 2007 上で実行する GroupShield へのサポートを終了しました。これは、Microsoft が Exchange 2007 SP1 のロールアップ 4 で導入したトランスポート アーキテクチャの変更によるものです。

注意:
 
  • Exchange Server 2010 SP1 と GroupShield 7.x 間の互換性テストの実行後に、Exchange 2010 SP1 のトランスポート エージェントに関する問題が確認されました。McAfee GroupShield 開発部門は、GroupShield for Exchange 2010 (7.0.2) と組み合わせて使用することにより、この問題を解決する HotFix をリリースしました。この HotFix (パッチ 1) と GroupShield 7.0.2 は、McAfee 製品のダウンロード サイトから、適切な承認番号を使用してダウンロードすることが可能です。詳細については、KnowledgeBase の記事 KB69773 を参照してください。
     
  • Exchange Server 2010 SP2 と GroupShield 7.x 間の互換性テストの実行後に、Exchange 2010 SP2 のトランスポート エージェントに関する問題が確認されました。McAfee GroupShield 開発部門は、GroupShield for Exchange 2010 (7.0.2) と組み合わせて使用することにより、この問題を解決する HotFix をリリースしました。この HotFix (パッチ 1 + HF 726815) と GroupShield 7.0.2 は、McAfee 製品のダウンロード サイトから、適切な承認番号を使用してダウンロードすることが可能です。詳細については、KnowledgeBase の記事 KB69773 を参照してください。
**Microsoft Exchange Server x32 は本番環境で利用することを目的としていませんが、Microsoft から最低限のサポートが提供されている場合があります。詳細については、次の Microsoft の記事を参照してください。32 ビット Exchange 2007 に対する Microsoft からの限定的なサポート - http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb232170(EXCHG.80).aspx.
 

VMWare サポート
 
仮想ソフトウェア GroupShield 7.0.2 GroupShield 7.0.1 GroupShield 7.0
製品サポート終了 (EOL):
2012 年 11 月
説明
VMWware はい はい いいえ 詳細については、KB53709 を参照してください。
Microsoft Virtual Software いいえ いいえ いいえ Microsoft Virtual Server のソフトウェアは現在評価中です。
詳細については、KB53709 を参照してください。
 
 
製品サポート終了に関する注意
製品サポートが終了した製品のリストを表示するには、次のサイトに移動してください。http://www.mcafee.com/us/enterprise/support/customer_service/end_life.html

以前のドキュメント ID

613424

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.