Loading...

ナレッジセンター


サービスパック、パッチ、Hotfix、メンテナンス リリース、およびパッチ リリース サイクル
技術的な記事 ID:  KB51560
最終更新:  2013/12/21
評価:


環境

サポート対象の全マカフィー製品

概要

重要: マカフィーでは、現在のパッチ レベルに関係なく、サポートされている製品バージョンの問題をトラブルシューティングし、調査します。トラブルシューティングおよび解決プロセスには、最新の製品パッチの適用が含まれる場合があります。

問題解決に Hotfix の作成が必要となる場合は、最新の製品パッチのコードをベースに Hotfix が作成されるため、このパッチを適用済みの状態にアップグレードする必要があります。

解決策

目次

 

パッチのリリース サイクル
マカフィーは、下記のように毎年同じスケジュールで現行製品のパッチをリリースしています。

  • VirusScan Enterprise、Host Intrusion Prevention、および ePolicy Orchestrator は、2 月、6 月、10 月の年 3 回リリースされます。
  • McAfee Agent は 3 月と 9 月の年 2 回パッチがリリースされます。
各パッチは、管理対象リリースとRelease to World(RTW)の 2 段階に分けて配布されます。
 
管理対象リリース
管理対象リリースのサイクルは約 4 週間です。

パッチの配布対象は、このパッチにより解決される問題を報告したお客様と、段階的配布サイクルでの受信を希望されたお客様に限定されます。これらのお客様は、パッチを受領から約 2 週間以内に、このパッチで問題が解決したことを確認し、パッチの配備を開始し、マカフィーにフィードバックを提供してください。最初の 2 週間以内に未解決の問題が見つかった場合は、さらに開発および検証を行うために、McAfee Engineering 部門にパッチが返送されます。あらゆる未解決の問題の解決を試みた後、このパッチが一般に公開されます。


Release to World(RTW)
管理対象リリースに登録しているお客様によってこのパッチが予期したとおりに機能することが確認された場合、4 週間の期限の終了時に パッチが RTW フェーズに移行します。この段階で、マカフィーのダウンロード サイトおよびサービス ポータルにパッチが公開されます。RTW リリース日は、2 月、6 月、および 10 月の毎月第 2 火曜日です。

マカフィーは、上記のパッチのリリース スケジュールが守られるよう全力を尽くしています。ただし、パッチの品質がマカフィーの最低リリース要件を満たしていない場合は、必要に応じてリリース日が変更されます。リリース日の変更が必要になる場合は、SNS を通じてお客様に通知し、サービス ポータルの[パッチのダウンロード]ページで新たなリリース日をご連絡します。

: 次回のパッチがリリースされるまでの間に重大な問題が発生した場合は、ケースごとに判断して Hotfix をご提供します。これらの Hotfix は通常、次に予定されるパッチの一部のロールアップです。

下の図は、VirusScan Enterprise、Host Intrusion Prevention、および ePolicy Orchestrator での適用プロセスを示しています。

: McAfee Agent は 3 月と 9 月の年 2 回リリースを行います。
 
SiteAdvisor Enterprise など、一部の製品のパッチは必要に応じてリリースしています。パッチのリリースが必要な場合には、規定のパッチ リリース スケジュールのいずれかの月に配布されます。
 
System Security 製品には以下のコンポーネントが含まれています。
  • McAfee Agent
  • McAfee Anti-Spyware
  • McAfee ePolicy Orchestrator
  • McAfee Host Intrusion Prevention
  • McAfee LinuxShield
  • McAfee Network Access Control
  • McAfee SiteAdvisor Enterprise
  • McAfee VirusScan Enterprise
  • McAfee VirusScan for Mac
上記の製品は、現行のパッチ プロセスに含まれていないため、本書では取り上げていませんが、将来的には標準のパッチ リリース スケジュールが適用される予定です。これらの製品に関するリリース サイクルが最終決定した時点で、お客様に詳細をお知らせし、ここに掲載する説明と KnowledgeBase の記事は更新されます。
 

トップに戻る

 

McAfee 製品(Network Security Platform を除く)
重要: マカフィーでは、現在のパッチ レベルに関係なく、サポートされている製品バージョンの問題をトラブルシューティングし、調査します。トラブルシューティングおよび解決プロセスには、最新の製品パッチの適用が含まれる場合があります。問題解決に Hotfix が必要となる場合は、最新の製品パッチのコードをベースに Hotfix が作成されるため、このパッチを適用済みの状態にアップグレードする必要があります。

注:
  • 本書では Proof od Concept やデバッグのビルドについては取り上げていません。
  • マカフィーでは、以前にリリースされたシステム セキュリティ製品用パッチを遡って評価することはいたしません。
パッチおよび Hotfix は、お客様から報告された問題を解決することを主な目的として、マカフィーの独自の判断でご提供するものであり、その他のフィックスや製品の修正を含む場合もあります。パッチおよび Hotfix は、QA 完了基準を満たした後、QA 部門からサポート部門にリリースされます。製品の修正と解決済みの問題(お客様から報告された問題を含む)については、各 Hotfix またはパッチ リリースに付属するリリース ノートに説明があります。
 
 
 
Hotfix(Firewall および Command Center の場合は EPatch と呼びます)
重要な欠陥が見つかり、ライブ環境で確認された場合には、これに対処するための Hotfix が作成されます。Hotfix は、特定バージョンの製品をアップデートするパッケージで、通常は単一の問題に対する修正を含みます。
 
問題を正確に特定して確認するためには、マカフィーのテクニカル サポートまでお問い合わせください。通常、Hotfix の配布は Tier III テクニカル サポートでのみ管理しています。報告されたサービス リクエストをサポート部門が確認し、Hotfix を受信するすべての要件を満たしている場合に、Hotfix が提供されます。例外的な Hotfix 配布は、その製品保守チームと Tier III テクニカル サポートによる承認を得る必要があります。
 

 
パッチ(Firewall および Command Center の場合は Hotfix と呼びます)
パッチは、特定バージョンの製品をアップデートするインストール可能な単一パッケージで、通常は複数の問題に対する修正を含みます。多くの場合、その製品によってインストールされた複数のファイルも更新されます。McAfee 製品向けのパッチは累積的で、最新のパッチは、以前にリリースされたパッチに含まれるすべての修正を網羅しています。
 
パッチはすべてのお客様を対象に配布されます。
 
パッチは、段階的配布リリース期間を経て、一般公開されます。この段階的配布は、Tier III テクニカル サポートによって管理されます。段階的配布期間の終了後、パッチの完全なリリースは QA およびテクニカル サポート部門で管理し、マカフィーのダウンロード サイトおよびサービス ポータルに掲載する責任を負います。段階的配布プロセスに登録しているお客様は、SNS でも情報を受信できます。SNS の詳細については、KB67828 を参照してください。

 

サービス パック(Firewall および Command Center の場合は「パッチ」と呼びます)
十分に品質が保証されるアップデートで、複数のパッチおよび Hotfix としてこれまでにリリースされたコードで構成されます。

サービス パックはマカフィーのダウンロード サイトに掲載されます。
マカフィー製品、更新、およびドキュメントをダウンロードするには、http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx のダウンロード ページにアクセスしてください。

ダウンロード方法については、KB56057 を参照してください。
 

トップに戻る


 
Hotfix とパッチの評価
製品保守チームは、Hotfix またはパッチの評価を判断する責任があります。Hotfix とパッチには以下の評価があります。

 
必須
  • すべての環境に必須のアップデートです。
  • 必須のアップデートを適用しないと、セキュリティ侵害が発生する可能性があります。
  • 必須のパッチと Hotfix では、製品の機能に悪影響を及ぼす脆弱性やセキュリティ侵害の原因となる脆弱性を解決します。製品を正常に動作させるため、これらの更新は必ず適用してください。
重大
  • すべての環境できわめて重要なアップデートです。
  • 重大レベルのアップデートを適用しないと、業務に深刻な影響を及ぼす可能性があります。
  • 重大度 1 または重大度 2 の問題に対する Hotfix は、重大なアップデートとみなされます。
  • 数多く報告されたカーネルのクラッシュや、ビジネスに重大な影響をもたらすおそれのあるその他の問題を解決するためのパッチで、重大なアップデートとみなされます。
高優先度
  • すべての環境で高い優先度。
  • 高優先度のアップデートを適用しないと、ビジネスに悪影響を及ぼす可能性があります。
  • ほとんどのパッチと Hotfix は優先度の高いアップデートです。
推奨
  • すべての環境に推奨されるアップデートです。この更新は可能な限り早急に適用してください。
  • Hotfix はビジネスに影響を及ぼす問題に対してのみ作成されるため、これらのアップデートは Hotfix には含まれません。
  • 重大度が低い問題を解決するか、製品の品質を改善するパッチが、推奨アップデートとみなされます。
 

トップに戻る

 

トップに戻る

以前のドキュメント ID

614038

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


Upgrade/Migrate

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.