Loading...

ナレッジセンター


VirusScan Enterprise 8.5i 以降で DAT ファイルを手動でアップデートする方法
技術的な記事 ID:  KB51679
最終更新:  2013/12/12
評価:


環境

McAfee VirusScan Enterprise 8.x
McAfee DAT ファイル
 

概要

SuperDAT を実行している場合や、スケジュールした自動アップデートが失敗した場合などには、VirusScan Enterprise の DAT ファイルを手動でアップデートを実行する必要があります。

解決策

VirusScan Enterprise 8.5i 以降で DAT ファイルを手動でアップデートするには、以下の手順を実行します。
 
ステップ 1 - 最新の DAT ファイルを入手する
  1. Windows Explorer を使用して、一時フォルダー C:\DAT を作成します。
  2. Internet Explorer を使用して、ftp://ftp.nai.com/commonupdater/ にアクセスします。
  3. avvdat-xxxx.zip(xxxx は最新の DAT バージョン値)をダウンロードします。例: avvdat-6446.zip.
     

ステップ 2 - McAfee サービスの変更を許可する

  1. スタートプログラムMcAfeeVirusScan コンソールの順にクリックします。
  2. アクセス保護タブをクリックし、McAfee サービスの停止を防止を無効にして、OKをクリックします。
  3. VirusScan コンソールを終了します。
     

ステップ 3 - McAfee サービスを停止する

  1. スタートファイル名を指定して実行をクリックして、services.mscと入力し、ENTER キーを押します。
  2. 以下の各サービスを右クリックして、停止を選択します。
     
    • McAfee McShield
    • McAfee Framework
  3. サービス画面を終了します。
     
ステップ 4 - DAT ファイルを抽出する
  1. WinZip または同様のファイル圧縮ユーティリティを使用して、.DAT ファイルを解凍します。例: avvdat-6446.zip.
  2. CTRL キーを押し下げたまま、以下の解凍ファイルを選択します。
     
    avvclean.dat
    avvnames.dat
    avvscan.dat
     
  3. 選択したファイルの 1 つを右クリックして、コピーをクリックします。
  4. C:\Program Files\Common Files\McAfee\Engine を開きます。
  5. Engine ディレクトリを右クリックして、貼り付けを選択します。
  6. 既存ファイルを置き換える確認メッセージが表示されたら、すべてにはいを選択します。
 
ステップ 5 - DAT のバージョンがアップデートされたことを確認する
  1. スタートプログラムMcAfeeをクリックして、VirusScan コンソールを選択します。
  2. ヘルプバージョン情報を選択します。ウイルス定義に最新の DAT バージョンがインストールされていることを確認します。
 
ステップ 6 - McAfee サービスを再開する
  1. スタートファイル名を指定して実行をクリックして、services.mscと入力し、ENTER キーを押します。
  2. 以下の各サービスを右クリックして、開始を選択します。

    McAfee McShield
    McAfee Framework
  1. サービス画面を終了します。

ステップ 7
- McAfee サービスの変更を防止する
  1. スタートプログラムMcAfeeVirusScan コンソールの順にクリックします。
  2. アクセス保護をダブルクリックし、McAfee サービスの停止を防止を有効にして、OKをクリックします。
  3. VirusScan コンソールを終了します。

以前のドキュメント ID

614199

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.