Loading...

Push Agent Installation Program to "コンピューター名" Fail! (McAfee Agent の配備時)
技術的な記事 ID:   KB56386
最終更新:  2019/01/17
評価:


環境

McAfee Agent (MA) 5.x、4.x
McAfee ePolicy Orchestrator (ePO) 5.x

問題

ePO サーバーまたはリモート エージェント ハンドラーからの McAfee Agent の配備が失敗します。 ePO サーバーのログに以下のエラーが記録されます:
Push Agent Installation Program to <コンピューター名> Fail!

解決策

ePO サーバーまたはリモート エージェント ハンドラーからクライアントにエージェントのインストールを正常に送信するためには、次の環境要件が必要です。
  • ネットワークとクライアント コンピューターで、次のすべてを有効にします:
    • NetBIOS プロトコル
    • コンピューター名の解決に必要なネットワーク プロトコルとポート
    • ADMIN$ 共有
    • ファイルと印刷の共有
    • サーバー サービス
    • リモート レジストリ サービス

    例: ePO サーバーのオペレーティング システムで Windows+R キーを押し、次を実行します。

    \\Hostname\admin$

    認証情報を入力するように求められる場合、この制限により、エージェント インストーラー パッケージをクライアント マシンに転送するタスクが影響を受けています。
  • ePO サーバーまたはリモート エージェント ハンドラーからのプッシュに使用される認証情報に、クライアントに対するローカル管理者権限があることを確認します。 さらに、Windows でユーザー アカウント管理 (UAC) を無効にして、エージェントを正常にプッシュします。 UAC の詳細については、http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/bb756996.aspx を参照してください。
  • クライアント コンピューターに次のセキュリティ設定を適用します:
    • 認証後にクライアントを偽装
    • グローバル オブジェクトの作成
  • Windows Server 2008 以降の ePO サーバーまたはエージェント ハンドラーからプッシュする場合、対象のアカウントは ローカル ログオン ユーザー権限の割り当てに追加されており、プッシュを実行するサーバーに対するローカル管理者権限がなければなりません。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.