Loading...

ナレッジセンター


スパムおよびフィッシングサンプルをマカフィースパム解析チームに提出する方法
技術的な記事 ID:  KB59415
最終更新:  2014/02/13
評価:


環境

全てマカフィー アンチスパム関連製品

概要

弊社では誤認または検知ミスにより検知および通過したスパムまたはフィッシングサンプルを提出頂く事で、今後のルールセットの更新時の参考にさせて頂いております。

ガイドライン
  • 最新のルールセットで検知できなかったサンプル、またはスパムとして認識された正式なメールを提出する場合にのみ、本手順に従ってください。
  • 既存のサポート案件における質問や新たな問い合わせには、本手順を利用しないでください。
  • お客様の環境において特定のメールまたはメール本文が問題を引き起こしている場合は、マカフィーサポートにお問い合わせください。繰り返し発生するスパムメッセージからキーフレーズを定義し、適切に対応するためのコンテンツルールをGroupShield または EWS に作成する必要があります。

重要: スパムメッセージに機密情報が含まれることは非常に稀です。しかしながら、もしそのような情報が含まれている場合は、本プロセスに従ってサンプル提供はしないでください。

解決策

McAfee Spam Submission ツールを使用してスパムまたはフィッシングサンプルを提供する方法
Spam Submission ツールは Microsoft Outlook への小さなプラグインで、検知漏れメッセージ、低いスコアのメッセージ、スパムメッセージ、および誤認された正規のメッセージをマカフィーに早く容易に提供することができます。

Spam Submission ツールは http://www.mcafee.com/us/downloads/free-tools/customer-submission-tool.aspx からダウンロードできます。
注意: 新リリース - Customer Submission ツールのバージョン2.3 が現在ダウンロードできます。新機能には以下が含まれています。
  • Exchange 2010 メール環境のサポート
  • Outlook 2010 サポート
  • 64-bit サポート
Spam Submission ツールをインストールするには、同梱されているインストール手順書に従ってください。Spam Submission ツールインストール後は、Outlook ツールバーに2つのアイコンが追加表示されます。
  • 最新のルールセットで検知されなかったスパム/フィッシングメッセージを提供するには、該当メッセージを選択し、Outlook ツールバーにある Submit Spam or phish Sample アイコンをクリックします。
  • 最新のルールセットで誤認されたメッセージを提供するには、該当メッセージを選択し、Outlook ツールバーにある Submit Non-Spam Sample アイコンをクリックします。
  • 本ツールでは、1 MB より大きいメッセージを提供することはできません。
Spam Submission ツールに関する詳細は、http://www.mcafee.com/us/downloads/free-tools/customer-submission-tool.aspx からダウンロードできる製品ガイドをご参照ください。製品ガイドは  McAfee Customer Submissions Instructions  のタイトルにあり、複数言語で提供されています。ご希望言語のリンクをクリックしてください。

IBM Lotus Domino Servers/Lotus Notes Clients からサンプルを提供する方法
Lotus Domino servers およびNotes Clients で発生したスパムサンプルの収集については KB54323 をご参照ください。


検知されなかったスパムを手動で提供する方法
スパムを特定するメッセージ解析はメッセージの本文のみに依存しているわけではありません。ヘッダーとメッセージの構成から、製品効果を高めるためにより正確で、言語依存しない検知をデザインすることができます。そのため、解析にはオリジナルのヘッダーを含む完全なメッセージが必要となります。マカフィー アンチスパム技術のベネフィットの1つは、メッセージ構成とヘッダーの言語に依存しない解析です。転送されたメッセージではこの重要な情報の多くが失われてしまうため、オリジナルのスパムメッセージを新たなメッセージに添付してお送りください。

重要スパムメール全体を添付として保存するかエクスポートし、それを新規メッセージに添付してマカフィーにお送りください。その際、メール送信者はマカフィーから連絡できる方をご指定下さい。自動転送メールは自動的に削除されます。

誤認サンプルを手動で提供する方法
誤認とは、正規のメールが誤って検知されることです。該当メールを Meg_falsepositives@mcafeesubmissions.com にお送りください。
 
注意:
  • 上記メールアドレスは製品サポート用ではありません。製品に関するお問い合わせはサポートセンターにご連絡ください。
提出いただいたサンプルに関してお客様にご連絡することは非常に稀です。しかしながら、サンプル提供は、メール本文にお客様の会社名および電話番号を記載した正規のメールアドレスからお送りいただくようお願いいたします。

検知漏れ、または低いスコアのスパムを手動で提供する方法
マカフィー製品が最新のルールセットでもスパムとして認識できなかったメッセージは Meg_spam@mcafeesubmissions.com にお送りください。
 
本プロセスおよび記載のメールボックスは、マカフィーの継続的な改善取り組みにより一時的に利用できない場合があるかもしれません。その場合はしばらく時間をおいてから再度お試しください。

以前のドキュメント ID

EW513020601

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.