Loading...

VirusScan Enterprise 8.7i を手動で削除する方法
技術的な記事 ID:   KB59996
最終更新:  2019/02/27
評価:


環境

McAfee VirusScan Enterprise (VSE) 8.7i

 

概要

この記事では、自動削除がオプションがないまたは失敗する場合に VSE 8.7i を手動で削除する方法を説明します。

重要:
  • 以下の手順は、VirusScan Enterprise 8.7i を削除するための最後の手段として使用することを目的としています。
  • 手動での削除を試みる前に、まずは他のあらゆる手段を試してください。
  • 管理者は、この解決策を採用するときに決定権を行使する必要があります。

解決策

msiexec.exe を使用して残ったファイルを削除 (プログラムの追加と削除 オプションが使用できない場合)

製品のインストール文字列とともに MSIEXEC.EXE を使用して、VirusScan Enterprise の残りのファイルを削除できる場合があります。 時間が節約できるため、手動で削除する前に実行することをお勧めします。

msiexec.exe を使用してコマンド ライン経由で VirusScan Enterprise を削除する方法に関する詳細は、KB52648 を参照してください。

解決策

VSE 8.7i (32 ビット インストール) の手動による削除手順

警告: この記事には、レジストリの表示または変更に関する情報が含まれています。
  • 以下の情報はシステムの管理者が使用することを想定しています。 レジストリの変更は元に戻せません。誤った変更を行うとシステム障害が発生する可能性があります。
  • テクニカル サポートは、実行する前にレジストリのバックアップを取得すること、リストア方法について理解しておくことを強くお勧めします。 詳細については、http://support.microsoft.com/kb/256986 を参照してください。
  • 正規のレジストリ インポート ファイルであることが確認されていない REG ファイルを実行しないでください。

  1. VirusScan Enterprise の Common Management Agent (CMA) 参照を削除します。
    1. [スタート][ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。
    2. \FRMINST.exe /REMOVE=Updater /PRODUCT=Viruscan8700 と入力して、ENTER キーを押します。

      例: "C:\Program Files\McAfee\Common Framework\frminst.exe" /remove=updater /product=Viruscan8700

      注: CMA インストール フォルダーのデフォルトの場所は、C:\Program Files\McAfee\Common Framework です。
  2. Checkpoint で登録を抹消します:
    1. [スタート][ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。
    2. \PIREG.EXE /d \MCAVSCV.DLL と入力して、ENTER キーを押します。

      例: "C:\Program Files\McAfee\VirusScan Enterprise\PIREG.EXE" /d "C:\Program Files\McAfee\VirusScan Enterprise\MCAVSCV.DLL"

      注: VirusScan のインストール フォルダーのデフォルトの場所は、C:\Program Files\McAfee\VirusScan Enterprise です。
  3. AntiSpyware Enterprise モジュールを削除します (インストール済みの場合):
    1. [スタート][ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。
    2. \scan32.exe /UninstallMAS と入力して、ENTER キーを押します。

      例: "C:\Program Files\McAfee\VirusScan Enterprise\scan32.exe" /UninstallMAS
  4. Lotus スキャナーを削除します:
    1. [スタート][ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。
    2. \NCDAEMON.exe -remove と入力して、ENTER キーを押します。

      例: "C:\Program Files\McAfee\VirusScan Enterprise\NCDAEMON.exe" -remove
  5. 該当するレジストリ キーの削除 (パート 1):
    1. [スタート][ファイル名を指定して実行] をクリックし、regedit と入力して、ENTER キーを押します。
    2. 次のキーをそれぞれ見つけて、各キーを右クリックし、[削除] を選択します:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\30ECB7411F0CF9C41875A6986B2D9D37
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UpgradeCodes\9FF15957780018945A6265BC95AD719D
      HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Products\30ECB7411F0CF9C41875A6986B2D9D37
      HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Features\30ECB7411F0CF9C41875A6986B2D9D37
      HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\UpgradeCodes\9FF15957780018945A6265BC95AD719D
  6. vsplugin.dll をアンロードします (ePolicy Orchestrator Agent がインストール済みの場合):
    1. 次のレジストリの場所を見つけます:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Network Associates\ePolicy Orchestrator\Application Plugins\ViruScan8700
    2. [ViruScan87]00 キーを右クリックします。
    3. [新規][DWORD 値] を選択します。
    4. 新しい値 #1 の値を Plugin Flag に変更して ENTER キーを押します。
    5. [Plugin Flag] を右クリックし、[修正] を選択します。
    6. 値のデータ フィールドに 8 を入力して、[OK] をクリックします。
  7. VirusScan Enterprise サービスへのアクセスおよびサービスの停止を許可します。
    重要: システムはこの手順の後は保護されません。 セキュリティ上の理由から、コンピューターをネットワークから物理的に切断してください。
    1. [スタート][すべてのプログラム][McAfee][VirusScan コンソール]の順にクリックします。
    2. [Access Protection] をクリックして、[無効にする] を選択します。
    3. VirusScan コンソールを閉じます。
    4. [スタート][ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、NET STOP McShield と入力して、ENTER を押します。
    5. [スタート][ファイル名を指定して実行] をクリックし、NET STOP McTaskManager と入力して、ENTER キーを押します。
  8. 適用可能なレジストリ キーの削除 (パート 2):
    1. [スタート][ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、regedit と入力して、ENTER キーを押します。
    2. [編集][検索]を選択して 30ECB7411F0CF9C41875A6986B2D9D37 と入力してから、[次を検索]をクリックします。
    3. 見つかった一致するキーを右クリックして、[削除]を選択します。

      : キーに他の値が存在しない場合、親キーも削除します。
    4. この方法で検索して削除される必要のあるすべてのレジストリ値については、この記事の関連情報セクションを参照してください。
  9. VirusScan Enterprise Services の削除:
    1. 次のレジストリ キーを見つけます:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\System\ControlSet001\Services\McShield
    2. キーを右クリックして、[新規][DWORD値]を選択します。
    3. 新しい値 #1 の値を DeleteFlag に変更して ENTER キーを押します。
    4. [DeleteFlag] を右クリックし、[修正] を選択します。
    5. 値のデータ フィールドで、1 と入力します。
    6. VSEFlag という名前の付いた別の新しい DWORD 値を削除して、値のデータを 1 に変更します。
    7. 次のレジストリ キーを見つけます:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\System\ControlSet001\Services\McTaskManager
    8. DeleteFlag という名前の DWORD 値を作成して、その値を 1 に設定します。
    9. VSEFlag という名前の DWORD 値を作成し、その値を 1 に設定します。
    10. 次のレジストリ キーを見つけます:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\System\ControlSet001\Services\McAfeeEngineService
    11. DeleteFlag という名前の DWORD 値を作成して、その値を 1 に設定します。
    12. VSEFlag という名前の DWORD 値を作成し、その値を 1 に設定します。
    13. 次のレジストリ キーを見つけます:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\System\ControlSet001\Services\mfevtp
    14. DeleteFlag という名前の DWORD 値を作成して、その値を 1 に設定します。
    15. VSEFlag という名前の DWORD 値を作成して、その値を 1 に設定します。
  10. VirusScan Enterprise ドライバーの削除:
    1. [スタート][ファイル名を指定して実行] の順に選択し、cmd と入力して、ENTER キーを押します。
    2. VirusScan インストール フォルダーを見つけます。

      例: cd "C:\program files\mcafee\virusscan enterprise"
    3. mfehidin.exe -u mfeavfk.sys mfeapfk.sys mfebopk.sys mferkdet.sys と入力して、ENTER キーを押します。
  11. 適切な DLL ファイルの登録解除:
    1. [スタート][ファイル名を指定して実行] の順に選択し、cmd と入力して、ENTER キーを押します。
    2. VirusScan のインストール フォルダーを見つけます。

      例: cd "C:\Program Files\McAfee\VirusScan Enterprise"

    3. 次の各コマンドを入力し、それぞれ ENTER キーを押します。

      regsvr32.exe /u SCRIPTSN.dll
      regsvr32.exe /u x64\SCRIPTSN.dll

      (64 ビット システムのみ)
      regsvr32.exe /u VSUPDATE.dll
  12. 適用可能なレジストリ キーの削除 (パート 3):
    1. [スタート][ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、regedit と入力して、ENTER キーを押します。
    2. 次の各レジストリ キーを見つけて、それぞれのキーを右クリックし、[削除] を選択します。

      HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{cda2863e-2497-4c49-9b89-06840e070a87}
      HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shellex\ContextMenuHandlers\VirusScan
      HKEY_CLASSES_ROOT\Folder\shellex\ContextMenuHandlers\VirusScan
      HKEY_CLASSES_ROOT\*\shellex\ContextMenuHandlers\VirusScan
      HKEY_CURRENT_USER\Software\McAfee\DesktopProtection
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\McAfee\AVEngine
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\McAfee\DesktopProtection
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\McAfee\VSCore
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\McAfee\ePolicy Orchestrator\Application Plugins\VIRUSCAN8700
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Network Associates\ePolicy Orchestrator\Application Plugins\VIRUSCAN8700
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\{147BCE03-C0F1-4C9F-8157-6A89B6D2D973}
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run, ShStatEXE
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\Eventlog\Application\McLogEvent
    3. コンピューターを再起動します。
  13. 該当する VirusScan Enterprise ファイルおよびフォルダーの削除:
    1. Windows エクスプローラーを使用して、次の各プログラム フォルダーを見つけます。

      C:\Documents and Settings\All Users\Start Menu\Programs\McAfee
      C:\Program Files\Common Files\Network Associates\Engine
      C:\Program Files\Common Files\McAfee\Engine
      C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\McAfee\DesktopProtection
      C:\Program Files\McAfee\VirusScan Enterprise
      C:\WINDOWS\Installer\{147BCE03-C0F1-4C9F-8157-6A89B6D2D973}
    2. 見つかったフォルダーを右クリックして、[削除]を選択します。
    3. 空の場合、次の各フォルダーを同じ方法で削除します。

      C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\McAfee
      C:\Program Files\Common Files\McAfee
      C:\Program Files\McAfee
  14. 適切な MSI ファイルの検索と削除:
    1. C:\Windows\Installer\<ランダムな名前>.msi に移動します。
    2. 各ファイルを右クリックし、[プロパティ] および [サマリー] を選択して、各ファイルが属するアプリケーションを表示します。
    3. 概要に VirusScan と表示されている場合、そのファイルを削除します。
    4. 見つかったすべての MSI ファイルでこの手順を繰り返します。
  15. Microsoft Outlook アドイン マネージャーをリセットする (Microsoft Outlook がインストール済みの場合):
    1. [スタート][ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、regedit と入力して、[OK] をクリックします。
    2. 次のレジストリの場所を見つけます:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Software\Microsoft\Exchange\Client\Extensions
    3. [拡張子] キーを右クリックして、[新規][文字列値] を選択します。
    4. 新しい値の名前を Outlook Setup Extension に変更し、ENTER キーを押します。
    5. [Outlook Setup Extension] を右クリックし、[修正] を選択します。
    6. 値のデータフィールドで、4.0;Outxxx.dll;7;00000000000000;0000000;OutXXX と入力して、ENTER キーを押します。
      ここでは VirusScan 電子メール スキャン アドインへのリファレンスを削除して、Outlook で次のユーザーが Outlook を開けるように EXTEND.DAT を再構築する方法を説明します。
  16. 非表示のドライバーを削除する:
    1. [スタート][設定][コントロール パネル][システム] の順にクリックします。
    2. [ハードウェア][デバイス マネージャー] をクリックします。
    3. [表示] をクリックして、[非表示のデバイスの表示] を選択します。
    4. プラグ アンド プレイではないドライバーMcAfee Inc. を探し、最初のエントリをダブルクリックし、[ドライバー]を選択します。
    5. サービス名が mfetdik であれば、[OK] をクリックして Del キーを押します。
    6. システムからデバイスをアンインストールするように求めるメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
    7. コンピューターの再起動を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
      コンピューターを再起動した後、TDI ドライバーが削除されます。

解決策

VSE 8.7i (64 ビット インストール) の手動による削除手順

警告: この記事には、レジストリの表示または変更に関する情報が含まれています。
  • 以下の情報はシステムの管理者が使用することを想定しています。 レジストリの変更は元に戻せません。誤った変更を行うとシステム障害が発生する可能性があります。
  • テクニカル サポートは、実行する前にレジストリのバックアップを取得すること、リストア方法について理解しておくことを強くお勧めします。 詳細については、http://support.microsoft.com/kb/256986 を参照してください。
  • 正規のレジストリ インポート ファイルであることが確認されていない REG ファイルを実行しないでください。


次の例外を除いては、32 ビットの削除手順が適用されます。

  • 64 ビットのディレクトリ構造:
    C:\Program Files (x86)\..... に置き換えます
  • 64 ビットのレジストリの場所:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\McAfeeHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\McAfee に置き換えます

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.