Loading...

Windows またはコマンドラインを使用しようとしたときに McAfee Agent のアンインストールが失敗します。
技術的な記事 ID:   KB60556
最終更新:  2019/01/27
評価:


環境

McAfee Agent 5.x、4.8

問題

Windows のコントロール パネルにあるプログラムと機能から、またはコマンドラインから MA をアンインストールしようとすると、次のエラーが表示されます:
 
他の製品がまだ使用しているために、McAfee Agent を削除できません
 
注: クライアント コンピューターで他の McAfee 製品がインストールされていないときに、この問題が発生することがあります。

原因

このエラーは、MA が管理対象モードである場合、つまり、ePolicy Orchestrator (ePO) サーバーによって管理されている場合に発生します。

この動作は、エンド ユーザーがエージェントから削除されないようにするための仕様です。

解決策

管理モードからコンピューターを削除し、アンインストールを試みる前に依存する管理対象製品を削除:
  1. クライアント コンピューターで frminst ファイルを見つけます。

    このファイルは、次のいずれかのディレクトリにあります。
     
    • 新規 MA 5.x インストールの場合:
       
      C:\Program Files\Mcafee\Agent\
       
    • McAfee Agent 4.8 からアップグレードされた MA バージョンの場合:
       
      C:\Program Files\Mcafee\common Framework\
      または
      C:\Program Files (x86) \Mcafee\Common Framework\x86\

      注: MA 4.8 は 2018 年 3 月 31 日に、Windows、Mac、および Linux コンピューターのサポート終了 (EOL) となりました。 詳細は KB88098 を参照ください。
  2. 管理者としてログオンしているときに、
    1. Windows + R キーを押します。
    2. cmd と入力します。
    3. OK をクリックします。
  3. 次のコマンドを実行します。
     
    \frminst.exe /remove=agent
     
  4. コマンド ラインを閉じます。
  5. VirusScan EnterpriseEndpoint Encryption などの McAfee 管理対象製品を、クライアント コンピューターから削除します。
  6. オプション: プログラムと機能を介して、McAfee Framework サービスをクライアント コンピューターから削除します。
Windows プログラムと機能、またはコマンドラインから MA をアンインストールできるようになりました。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する