Loading...

Endpoint Security/VirusScan Enterprise 除外記事をまとめた一覧
技術的な記事 ID:   KB66909
最終更新:  2019/09/19
評価:


環境

McAfee Application and Change Control 8.x、7.x、6.x
McAfee Data Loss Prevention Endpoint 9.x
McAfee Endpoint Security (ENS) Threat Prevention 10.x
McAfee Security for Lotus Domino 7.x
McAfee Security for SharePoint (PortalShield) 3.x
McAfee VirusScan Enterprise (VSE) 8.x
McAfee Vulnerability Manager 7.x

Microsoft Exchange Server
Microsoft Windows Server
Microsoft SharePoint server
Microsoft SQL Server
Microsoft System Center Operations Manager
Active Directory
DHCP servers
Distributed File System Replication
File Replication Service
Java
Lotus Domino
Network Attached Storage (NAS)
Oracle
Storage Area Network (SAN)
Symantec Backup Exec
WINS servers

概要

この記事の最新の更新
日付 更新
2018 年 5 月 14日 コミュニティの投稿に、McAfee が選択する オプションが AMCore Trust Model のスキャン回避を使用する方法へのリンクを追加しました。
2017 年 12 月 21 日 McAfee が選択するを選択した場合、McAfee アプリケーションの必要がないことを追記。

ファイルとフォルダの除外記事
この記事には、記事やコンテンツの事前フィルタリングされたリストへのリンクが含まれています。 ServicePortal の Knowledge Center に掲載されている ENS 10.x/VSE 8.x のファイルとフォルダの除外に関する記事のうち、最も参照されている 記事のみを紹介します。 このリストは包括的なものではなく、除外の設定中に発生する可能性のある特定の問題は含まれません。 受信したエラーや発生した問題については、Knowledge Center を検索してください。

重要: オンアクセススキャナーでファイルをいつスキャンするか選ぶ際に、McAfee が選択するオプションを選択した場合、この記事にリストしている Microsoft の除外項目と McAfee アプリケーションは必要 ありません McAfee が選択する オプションが AMCore Trust Model のスキャン回避を使用する方法については、以下のコミュニティの投稿を参照してください: https://community.mcafee.com/t5/Documents/Explanation-of-AMCore-Trust-Model-v1p3-pdf/ta-p/550630


全般
設定
除外記事についてのフィルタリングされたリストを参照するには、こちら (ENS) または こちら (VSE) をクリックしてください。

テスト
KB59742 - McAfee 製品で EICAR マルウェア対策テスト ファイルを使用する方法
KB67648 - VirusScan Enterprise 除外の設定または危険度低のプロセスの設定が有効であるかを判断する方法
McAfee アプリケーション
application and Change Control
KB88915 - Application and Change Control でインストール後のパフォーマンスを向上させるための除外

Data Loss Prevention Endpoint
KB68520 - Endpoint Security と VirusScan Enterprise からの Data Loss Prevention Endpoint の除外でパフォーマンスを向上させる

Security for Lotus Domino
KB73026 - Lotus Domino および Security for Lotus Domino 7.5.3 の Endpoint Security/VirusScan Enterprise の除外

Security for Microsoft SharePoint
KB58274 - Security for Microsoft SharePoint を実行する Microsoft SharePoint Server で推奨される Endpoint Security/VirusScan Enterprise の除外設定

Vulnerability Manager (旧称: Foundstone)
KB54038 - Vulnerability Manager の問題を最小限に抑えるために、Endpoint Security/VirusScan Enterprise を設定する方法

McAfee 以外のアプリケーション

注:
次のリストにお使いのアプリケーションがない場合、サードパーティのベンダーにウイルス対策の推奨製品を問い合わせてください。
DHCP および WINS サーバー
KB58146 - DHCP サーバーおよび WINS サーバー上の Endpoint Security/VirusScan Enterprise で推奨する除外設定

Java
KB58727 - Endpoint Security または VirusScan Enterprise がインストールされている場合に、Java ベースのアプリケーションでパフォーマンスが低下

Microsoft Exchange Server
KB51471 - Exchange Server 向けの Endpoint Security/VirusScan Enterprise/SaaS Endpoint Protection の除外

Microsoft System Center Operations Manager
KB59944 - Microsoft System Center Operations Manager (SCOM) を利用するために必要な Endpoint Security/VirusScan Enterprise の除外設定

Microsoft SQL Server
KB67211 - Microsoft SQL Server 上の Endpoint Security/VirusScan Enterprise で推奨される除外

Active Directoryやファイル レプリケーション サービスの Microsoft Windows ドメイン コントローラ/ 分散ファイル システム レプリケーション
KB57308 - Active Directory またはファイル レプリケーション サービス/分散ファイル システムの複製を使用する Windows ドメイン コントローラーで推奨される Endpoint Security/VirusScan Enterprise の除外設定

Oracle
KB54817 - Oracle Database サーバーで Endpoint Security/VirusScan Enterprise を実行する際に必要な除外設定

SAN および NAS
KB54457 - Endpoint Security/VirusScan Enterprise のスキャンから SAN および NAS のマウント ポイントを除外する方法

Symantec Backup Exec
KB68701 - VirusScan Enterprise で Symantec Backup Exec を除外対象にする

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.