Loading...

ナレッジセンター


ePO 4.5 または 4.6 データベースを新しい SQL サーバーに移行または移動する場合の推奨手順
技術的な記事 ID:  KB68427
最終更新:  2014/03/04
評価:


環境

McAfee ePolicy Orchestrator 4.6
McAfee ePolicy Orchestrator 4.5

Microsoft Windows 2008 Server
Microsoft Windows 2003 Server
Microsoft SQL 2008
Microsoft SQL 2005

概要

この記事では、以下の作業を行う際に役立つ手順について説明します。
  • ePolicy Orchestrator(ePO)データベースをある SQL サーバーから別の SQL サーバーに移行する場合。
  • ePO サーバーを移動せずに、ePO データベースだけを移動する場合。
  • ePO データベースを新しい SQL サーバーに移行するが、同じ ePO サーバーを使用し続ける場合。

解決策

重要: これらの手順は、ePO 管理者によって行われることを想定して説明しています。以下の手順を実行する場合には、目的と正反対の結果が生じないように細心の注意を払う責任があります。先に進む前に、マカフィーでは SQL データベースをバックアップして、正常に復元できる状態にしておくことを強く推奨します。dbbak.exe ユーティリティ、コマンド ライン、または SQL Enterprise Manager を使用したバックアップに関する情報については、KB59562 - 「OSQL コマンドを使用して ePO データベースをバックアップする方法」を参照してください。

 
ePO サーバーのサービスを停止します。
  1. スタートファイル名を指定して実行 をクリックして services.msc と入力して OK をクリックします。
  2. 以下のサービスを右クリックし、停止 を選択します。

    McAfee ePolicy Orchestrator 4.x.0 Application Server
    McAfee ePolicy Orchestrator 4.x.0 Server
    McAfee ePolicy Orchestrator 4.x.0 Event Parser
     
次のいずれかの方法を使用して、既存の SQL サーバー上の ePO データベースをバックアップします。
 
KB59562 - OSQL コマンドを使用した ePO データベースのバックアップ
KB52126 - Enterprise Manager/ Management Studio を使用した ePO データベースのバックアップと復元
KB57240 - DBBak.Exe ユーティリティを使用した ePO データベースのバックアップと復元 
 
以下のいずれかの方法を使用して、新しく作成したバックアップを新しい SQL サーバー上に復元します。
 
KB52126 - Enterprise Manager/ Management Studio を使用した ePO データベースのバックアップと復元
KB57240 - DBBak.Exe ユーティリティを使用した ePO データベースのバックアップと復元

 
ePO サーバー上のレジストリ値を削除します。
重要: ローカル SQL サーバーからリモート SQL サーバーに移行する場合にのみ、この手順を実施してください。  リモート SQL サーバーでは、サービスを再起動するために DependOnServices キーを削除する必要はありません。ePO サーバーのみを再起動します。

注: この記事には、レジストリの表示または変更に関する情報が含まれています。
  • 以下の情報は、システム管理者向けのものです。レジストリの変更は元に戻す事が出来ず、間違った変更はシステムの障害を起こす可能性があります。
  • 実行する前に、レジストリのバックアップをとっておき、復元方法について理解しておくことを強くお勧めします。詳細については、以下を参照してください。 "http://support.microsoft.com/kb/256986
  • 正規のレジストリ インポート ファイルであることが確認されていない .REG ファイルを実行しないでください。
  1. スタートファイル名を指定して実行 をクリックし、regedit と入力して、OK をクリックします。
  2. [HKLMSystemCurrent ControlSetServicesMCAFEEEVENTPARERSRV] に移動します。
  3. DependOnService を右クリックし、削除 を選択します。
  4. [HKLMSystemCurrent ControlSetServicesMCAFEEAPACHESRV] に移動します。
  5. DependOnService を右クリックし、削除 を選択します。
  6. [HKLMSystemCurrent ControlSetServicesMCAFEETOMCATSRV200] に移動します。
  7. DependOnService を右クリックし、削除 を選択します。
  8. コンピューターを再起動します。
     
SQL ポートを確認し、必要に応じて新しい SQL サーバーが使用するポートに変更します。
  1. 新しいサーバーが使用する SQL ポートが、ePO サーバーが現在使用するように設定されているポートと一致していることを確認します。  
    1. スタートすべてのプログラムMicrosoft SQL Server構成ツールSQL Server 構成マネージャーをクリックします。
    2. SQL Server ネットワーク構成MSSQLSERVER のプロトコル(MSSQLSERVER はインスタンス名です)をクリックします。
    3. TCP/IP を右クリックして、プロパティを選択します。
      注: デフォルトでは、[デフォルト ポート]フィールドには、TCP ポート 1433 が表示されています。

       
  2. ポートが異なる場合には、新しい SQL サーバー上の SQL ポートを、新しい SQL サーバーが使用するポートに変更します。 
    1. SQL Server Management Studio を開きます。
    2. SQL Server 2005 ネットワーク構成を展開し、<your_database_instancename> のプロトコル をクリックします。
    3. プロトコル名の下の TCP/IP 列を右クリックして、プロパティ を選択します。
    4. IP アドレス タブをクリックし、IPAll の下のTCP ポート のエントリをメモします。
    5. 新しいポートを ePO サーバーの[データベース構成]ページに書き込むか、または db.properties ファイル(c:/Program Files\McAfee\ePO\server\conf\Orion)を新しいポートに修正します。

[データベース設定の構成]ページを開き、サーバー名のエントリを新しい SQL サーバーに変更します。
以下の手順に従って、Web 接続を使用して、ePO 4.x のデータベース構成ページを開きます。 
  1. スタートファイル名を指定して実行 をクリックして services.msc と入力して OK をクリックします。
  2. 以下のサービスを右クリックして、起動を選択します。

    McAfee ePolicy Orchestrator 4.x.0 Application Server

     
  3. Internet Explorer を起動します。
  4. データベース設定の構成 ページを開くには、https://<サーバー名>:8443/core/config に移動します。
    注: デフォルト ポート(8443)を使用しない場合は、構成したログイン ポートを代用してください。実際の環境に解決できるサーバー名がある場合には、その固有のサーバー名を上記の例にも使用できます。
     
  5. データベース設定の構成 で、必要に応じて、以下のエントリを修正します。
     
    • データベース サーバー
    • サーバー インスタンス
    • データベース名
    • 認証タイプ
    • ユーザー名
    • ユーザー パスワード

    注: これらのエントリを変更した場合は、接続テスト(右下の隅)をクリックして、新しい設定でデータベースとの接続が正常に行われることを確認してください。

  • 適用 をクリックします。
     
ePO サーバー上のインストール レジストリ キーを開き、リストされたエントリを修正します。
注: この記事には、レジストリの表示または変更に関する情報が含まれています。
  • 以下の情報は、システム管理者向けのものです。レジストリの変更は元に戻す事が出来ず、間違った変更はシステムの障害を起こす可能性があります。
  • 実行する前に、レジストリのバックアップをとっておき、復元方法について理解しておくことを強くお勧めします。詳細については、以下を参照してください。 "http://support.microsoft.com/kb/256986
  • 正規のレジストリ インポート ファイルであることが確認されていない .REG ファイルを実行しないでください。
  1. スタートファイル名を指定して実行 をクリックし、regedit と入力して、OK をクリックします。

    ePO 4.5:

    32 ビット プラットフォームの場合は、次の場所に移動します。
    [HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\{474A7C22-C823-401B-A52C-26D876957E5E}] 

    64 ビット プラットフォームの場合は、次の場所に移動します。
    [HKLM\Software\WOW6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\{474A7C22-C823-401B-A52C-26D876957E5E}]

    ePO 4.6:

    32 ビット プラットフォームの場合は、次の場所に移動します。
    [HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\{73F1BDB7-11E1-11D5-9DC6-00C04F2FC33B}] 

    64 ビット プラットフォームの場合は、次の場所に移動します。
    [HKLM\Software\WOW6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\{73F1BDB7-11E1-11D5-9DC6-00C04F2FC33B}]

     
  2. 以下のエントリを修正します。
     
    • DatabaseInstanceName - 新しいサーバーがデフォルト インスタンスを使用している場合は、MSSQLSERVER に変更します。 デフォルト インスタンスでなければ、そのインスタンス名を使用します。たとえば、servername\instancename ではなく、instancename だけを指定します。
    • DatabaseServer - 新しい SQL サーバー名を入力します。
       
ePO サーバーを再起動します。
これは、削除した依存関係が反映されるようにするためです。再起動しなければ、ePO サービスは起動しません。
 

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.