Loading...

ナレッジセンター


Endpoint Encryption for PC 5.x でシングルサインオンを行うための必要な要件
技術的な記事 ID:  KB69726
最終更新:  2014/02/13
評価:


環境

McAfee Endpoint Encryption for PC (EEPC) 5.x

  

注意:
EEPC は以前は SafeBoot Device Encryption として知られていました。McAfee EEPC 5.1.7 (ビルド 5500) はMcAfee製品としての最初のリリースです。

概要

Windows XP クライアントで EEPC 5.x シングルサインオン (SSO) を利用してログオンする方法を設定している場合、Single Sign On to Windows オプションがクライアントローカルで有効となります。しかし、Windows 7 または Vista にはこのオプションがありません。

原因

Windows 7 または Vista クライアントに EEPC 5.x をインストールする場合は、ローカルシングルサインオン(SSO)オプションが存在しません。これは、Windows XP がローカルで変更できる GINA を利用する一方で、Windows 7 および Vista では製品が 証明書提供者を置き換えるCredential Provider を利用するためです。

解決策

<Windows 7 及び Windows Vista の場合>

  • Endpoint Encryption へのログオンを要求
  • Endpoint Encryption への再ログオンを要求
  • Windows への自動ログオンを試行
  • プリブート ユーザとして自動的にログオンする
  • Endpoint Encryption パスワードを Windows パスワードに設定する
  • Windows のユーザ名と一致する必要があります。

<Windows XP の場合>

  • Windows への自動ログオンを試行
  • プリブート ユーザとして自動的にログオンする
  • Endpoint Encryption パスワードを Windows パスワードに設定する
  • Windows のユーザ名と一致する必要があります。

以前のドキュメント ID

EE13111501

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.