Loading...

ナレッジセンター


VirusScan for Mac 9.0 のDAT 手動適用手順
技術的な記事 ID:  KB70253
最終更新:  2014/02/13
評価:


環境

Mac OS X
Mac OS 10.5
Mac OS 10.6

概要

アウトブレイク時に早急に対応する場合など、VirusScan for Mac 9.0 DAT ファイルを手動で更新しなければならない場合があります。

また、9.0 の自動更新がうまく機能しない場合にも手動更新が必要となります。

注意: ※McAfee VirusScan for Mac 9.x はMcAfee Security for Mac 1.x という名称としてインストールされます。

VirusScan for Mac でのDAT(定義ファイル)の手動更新を行う場合には以下の手順を実施します。
 

解決策

ユーザーが root  にログインした状態か、または sudo でコマンド発行した状態で以下の手順を実施します。

注意: 
  • Mac OS は UNIXベースのためターミナルでのコマンドはケースセンシティブとなっています。パスやファイルを正しいケースで入力してください。ケースが間違っている場合は ファイルが存在しません というエラーが発生します。
  • 権限によっては、以下の手順を完了するために root ユーザーを利用する必要があるかもしれません。
     
  1. ftp://ftp.mcafee.com/commonupdater にアクセスします。
  2. avvdat-xxxx.zip をダウンロードします。
    ※ xxxx には DAT バージョンが入ります
  3. デスクトップ上に「Temp」という名称のフォルダを作成し、ダウンロードしたzipファイルを解凍し作成した「Temp」フォルダに格納します。
  4. Finderメニューから [移動] - [ユーティリティ] - [ターミナル] と進み、ターミナルを起動します。
    以下の手順は root でログインしたユーザ、su の実行、または sudo コマンドを介して実行する必要があります。また、Mac は大文字小文字を区別しますので、コマンドは正確に入力します。
  5. 以下のコマンドを実行しカレントディレクトリを移動します。

    cd /usr/local/McAfee/AntiMalware/dats/
     
  6. 以下のコマンドを実行し、ディレクトリを作成します。

    mkdir xxxx

    ※xxxxにはダウンロードを行なった適用予定のDATバージョンを入力します。
     
  7. 以下のcpコマンドを実行し、デスクトップ上のTempフォルダ内に格納したファイルをコピーします。

    cp /Users/<ユーザ名>/Desktop/Temp/*.dat /usr/local/McAfee/AntiMalware/dats/xxxx

    ※xxxx にはダウンロードを行なった適用予定のDATバージョンを入力します。
    ※root ユーザでOSにログオンし作業している場合にはDesktopのパスが異なりますので、以下のコマンドを実行します。

    cp /private/var/root/Desktop/Temp/*.dat /usr/local/McAfee/AntiMalware/dats/xxxx

    ※xxxx にはダウンロードを行なった適用予定のDATバージョンを入力します。
     
  8. 以下のコマンドを実行しファイルのパーミッションを変更します。

    chmod 755 xxxx
    cd xxxx
    chmod 644 *.dat


    ※xxxx にはダウンロードを行なった適用予定のDATバージョンを入力します。
     
  9. 以下のコマンドを実行しファイルフォーマットを変更します。

    sudo plutil -convert xml1 /Library/Preferences/com.Mcafee.ssm.antimalware.plist
     
  10. 以下のコマンドを実行し、DATバージョンの情報を編集します。

    vim /Library/Preferences/com.Mcafee.ssm.antimalware.plist
     
  11. <key>Update_DATVersion</key>と記述された直下の行に移動します。
  12. 「i」を入力し編集モードに変更後、カーソルを移動し<string>xxxx</string> の数値を新しく適用したDATバージョンに変更します。
  13. ESCキーを押下して編集モードをぬけます。
  14. 「:wq」と入力しファイルをセーブします。
  15. 以下のコマンドを実行し、変更したファイルフォーマットを元に戻します。

    sudo plutil -convert binary1 /Library/Preferences/com.Mcafee.ssm.antimalware.plist
     
  16. VS for Mac のコンソールが開いている場合には閉じ、以下のコマンドを順に実行し、VS for Macの設定ファイルをリロードします。

    sudo launchctl unload /Library/LaunchDaemons/com.mcafee.ssm.ScanManager.plist
    sudo launchctl load /Library/LaunchDaemons/com.mcafee.ssm.ScanManager.plist

以前のドキュメント ID

VM12042701

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


VirusScan for Mac 9.0.0 (EOL)

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.