Loading...

test.udl ファイルを使用して SQL データベースをテストする方法
技術的な記事 ID:   KB70929
最終更新:  2018/07/09
評価:


環境

McAfee ePolicy Orchestrator (ePO) 5.x、4.x

Microsoft SQL 2014
Microsoft SQL 2014 Express Edition
Microsoft SQL 2012
Microsoft SQL 2012 Express Edition
Microsoft SQL 2008
Microsoft SQL 2008 Express Edition
Microsoft SQL 2005
Microsoft SQL 2005 Express Edition

概要

データベースの接続に関する問題が発生した場合は、test.udl ファイルを使用して、ePO の外部のデータベース認証情報を確認してください。

問題

orion.log ファイルの次のエラーにより、データベース接続の問題が発生しています。

2010-11-10 14:50:47,757 ERROR [Thread-1] plugin.PluginManager - Initialization of plugin core failed.
org.springframework.beans.factory.BeanCreationException: Error creating bean with name 'core.db' defined in URL [jndi:/localhost/core/WEB-INF/beans.xml]:Instantiation of bean failed; nested exception is org.springframework.beans.BeanInstantiationException: Could not instantiate bean class [com.mcafee.orion.core.db.base.Database]:Constructor threw exception;
nested exception is java.sql.SQLException: Login failed for user ''. The user is not associated with a trusted SQL Server connection.

解決策

test.udl ファイルを使用して ePO の外部のデータベース認証情報を確認するには、以下の手順を実行します。
  1. ePO サーバー上に、test.udl という名前のファイルを作成します。
  2. test.udl ファイルをダブルクリックします。
  3. Provider (プロバイダー) タブをクリックします。
  4. Microsoft OLE DB Provider for SQL Server を選択します。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. ePO のデータベース接続の core/config ページで入力した情報と同じ情報を、Connection (接続) タブに入力します。 Select or enter a server name (サーバー名を選択または入力) フィールドに、\, という形式で SQL Server 名を入力します

    注:
    名前付きインスタンスが使用されていない場合は、次の形式で入力してください: ,

    例:
    EPO53SVR\EPOSERVER,1433
    EPO53SVR,1433
  7. SQL データベースの認証情報を入力します。
  8. [テスト接続] をクリックします。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

影響を受ける製品

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.