Loading...

ナレッジセンター


EMMで期限切れとなる証明書を更新する方法
技術的な記事 ID:  KB72665
最終更新:  2014/02/13
評価:


環境

McAfee Enterprise Mobility Management 10.x
McAfee Enterprise Mobility Management 9.x
McAfee Enterprise Mobility Management 8.x

  

概要

本記事はEnterprise Mobility Management (EMM)での ポータルプッシュ、または MDM セキュリティ証明書の参照および更新方法について説明します。

問題

ポータル、プッシュ、またはMDM証明書の有効期限が間もなく切れます。

解決策

以下の手順に従いポータル(SSL) 証明書を更新してください。

注意: EMM コンソールでSSL証明書を更新すると全ての iOSデバイスの再プロビジョンが強制されるのでご注意ください。
  • EMM 9.6 以降の場合: 全てのiOSユーザーに対してアンインストールコマントが自動的に送信され、EMMエージェントの再プロビジョンによるプロンプトが表示されます。
  • EMM 9.5.5 以前の場合: ユーザーは個々に連絡を受け、デバイス上の2つのEMM 設定プロファイルをアンインストールするよう指示されます。その後、デバイスを再プロビジョンします。
  1. ご利用のVAベンダーでSSL 証明書を更新します。詳細は KB77065 をご参照ください。
  2. EMM プロキシサーバーでコマンドプロンプトを開き、IISRESET /STOP を実行してIIS サービスを停止します。
    注意: 複数のプロキシサーバーを利用している場合は、先に進む前に全てのプロキシサーバーでステップ2を行ってください。
     
  3. 各 EMMプロキシサーバーのIISで以下の手順を行いSSL 証明書を更新します。
    1. スタート管理者ツールIIS マネージャーをクリックします。
    2. 左側で 接続の下の サーバー名を選択します。
    3. 中央で サーバー証明書を選択します。
    4. 期限切れの証明書を選択します。
    5. 右側で アクションの下の 削除 を選択して期限切れの証明書を削除します。
    6. アクションの下の インポートを選択します。
    7. .PFX SSL 証明書をブラウズし、ステップ1で作成したパスワードを入力します。更新された証明書が中央に表示されたら内容が正しいことを確認します。
       
  4. IISにバインディングされるデフォルトウェブサイトを確認します。
    1. 左側で サイト フォルダーを展開し、 デフォルトウェブサイトをクリックします。
    2. 右側で サイト編集の下の バインディングを選択します。
    3. バインディング画面で HTTPS 443を選択して 編集を選択します。
    4. SSL 証明書の下で、ドロップダウンに証明書名が表示されることを確認します。
    5. ドロップダウンリストとの右側で 参照を選択します。
    6. 更新された証明書情報が表示されていることを確認し、すべてのウインドウズを閉じます。  
       
  5. 追加のEMM Proxyサーバーがある場合はこのプロセスを繰り返します。
  6. EMM console を開き、[System Settings] – [Certificates] をクリックします。
  7. Portal証明書を選択し、Updateを選択します。
  8. .PFX SSL 証明書をブラウズし、ステップ1で作成したパスワードを入力してSaveをクリックします。
  9. EMM Proxy サーバーでコマンドプロンプトを開き、IISRESET /START と入力してENTERを押しIISサービスを開始します。
  10. 追加のEMM Proxyサーバーがある場合はこのプロセスを繰り返します。
以下の手順に従ってSSL 証明書の更新が成功したことを確認します。

  1. iOS デバイスで EMM エージェントを起動します。
  2. サインインしたら Update Configuration を選択してデバイスを再度プロビジョンするステップに従います
  3. Device SettingsGeneral, Profilesをクリックします。
  4. Mobile Device Management プロファイル、More Details、Signing Certificateを選択ます。
  5. Signing Certificate information が更新したSSL 証明書と一致することを確認します。


プッシュおよびMDM 証明書の更新方法

注意: MDM証明書を更新する場合、既存MDM証明書の更新を使用する必要があります。新規または別の証明書を使用しないでください。どの MDM 証明書か確かでない場合はマカフィーテクニカルサポートにお問い合わせいただくか、または KB73382 をご参照ください。

  1. MDM またはプッシュ証明書を更新します。
    1. MDM証明書の更新は KB73382 または KB76455 をご参照ください。
    2. 更新したプッシュ証明書ダウンロードサイト http://mcafee.com/us/downloads から入手します。 
       
  2. EMMコンソールを開き、System Settingsの下の Certificates を選択します。
  3. Portal または MDM certificateを選択し、Updateを選択します。
  4. 適用する証明書をブラウズし、certificate passwordを入力して Saveをクリックします。
  5. 証明書の更新が成功したことを確認します。
    1. iOS デバイスで EMM Agentを起動します。
    2. サインインしたらUpdate Configuration を選択し、デバイスを再プロビジョンする手順に従います。
    3. コーポレートのメールと同期していることを確認します。

以前のドキュメント ID

EMM12071301

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.