Loading...

ナレッジセンター


VirusScan Enterprise for Linux 1.7 オンアクセススキャンがサポートするファイルシステムの確認方法
技術的な記事 ID:  KB73344
最終更新:  2014/02/13

環境

McAfee VirusScan Enterprise for Linux (VSEL) 1.7
McAfee VirusScan Enterprise for Linux (VSEL) 1.9 

概要

VirusScan Enterprise for Linux (VSEL) 1.7 のオンアクセススキャンが利用中のファイルシステムをサポートするかを確認する方法についてご案内いたします。 

動画チュートリアル

 

問題

 

システムの変更

 

原因

 

解決策

Step1. Xen カーネルが使用されているかを確認します

  1. rootユーザでターミナルにログオンします
  2. uname –r を実行します
    1. 結果出力が “.xen” で終わる場合、 Step2 に進みます
    2. 結果出力が “.xen” で終わらない場合、システムにマウントされるファイルシステムはVSEL 1.7 のオンアクセススキャンにてサポートされます

出力例:

[root@testserver ~]# uname -r
2.6.18-274.3.1.el5

※.xen で終了しない出力の為、こちらのファイルシステムはオンアクセススキャンにてサポートされます

Step2. CONFIG_DEBUG_RODATA の値が “y” にセットされているかを確認します

  1. root ユーザでターミナルにログオンします
  2. grep CONFIG_DEBUG_RODATA /boot/config-`uname –r` を実行します
    1. 結果出力に ”CONFIG_DEBUG_RODATA=y” が含まれる場合Step3 に進みます
    2. 結果出力に ”CONFIG_DEBUG_RODATA=y” が含まれない場合、システムにマウントされるファイルシステムはVSEL 1.7 のオンアクセススキャンにてサポートされます

Step3. サポートされないファイルシステムをリストアップします

  1. root ユーザでターミナルにログオンします
  2. grep _FS=y  /boot/config-`uname -r` を実行します
結果出力はシステムにマウントされたサポートされないファイルシステムのリストとなります 

回避策

 

以前のドキュメント ID

LS11121201

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.