Loading...

リモートの ePolicy Orchestrator エージェント ハンドラーが、データベースの認証情報を変更した後で、データベースに接続できない
技術的な記事 ID:   KB75333
最終更新:  2019/06/11
評価:


環境

McAfee ePolicy Orchestrator (ePO) 5.x

問題

ePO データベースへのアクセスに使用する認証情報を変更すると、リモート ePO エージェント ハンドラーで認証情報が更新されません。

リモートのエージェント ハンドラーの Server.log には、次のように表示されます:
E #3936 DAL COM Error :80040e4d in DAL2_CConnection::GetConnection
E #3936 DAL Meaning = IDispatch error #3149
E #3936 DAL Source = Microsoft OLE DB Provider for SQL Server
E #3936 DAL Description = Login failed for user ''.

問題

データベース接続情報(SQL サーバー名やポートなど)が変更され、エージェント ハンドラーが ePO データベースに接続できなくなりました。

解決策

リモート エージェント ハンドラーの設定を変更します。
  1. エージェント ハンドラーのサーバー システムで、ePO ソフトウェアのインストール パッケージから展開した Agent Handler フォルダーを検索します。
  2. Setup.exe をダブルクリックして、Agent Handler InstallShield ウィザードを実行します。
  3. [次へ] をクリックします。
  4. プログラムのメンテナンス ダイアログ ボックスで、変更 をクリックします。
  5. 以下を構成します。
    1. エージェント ハンドラーと通信を行う ePO サーバーのコンピューター名を入力します。
    2. エージェント ハンドラーがサーバーとの通信に使用するポートを指定します。 デフォルトのポートは 8444 です。

      注:デフォルトのポートを使用すると、エージェント ハンドラーとサーバー間の通信はポート 8444 でのみ実行されます。 コンソール/アプリケーション サーバー間通信を行うポート (8443) を指定することもできますが、この設定を行うには、ポート 8444 で引き続きエージェント ハンドラーとの通信を処理する必要があります。
    3. ePO 管理者ユーザー と ePO 管理者パスワード に ePolicy Orchestrator グローバル管理者権限のあるユーザーの名前とパスワードを入力します。
    4. 次へ をクリックして、ePO 管理者の認証情報を使用してデータベースにアクセスします。

      注: 使用する認証情報には、適切な SQL Server のロールとアクセス権限を割り当てる必要があります。
  6. 次のようにデータベースにアクセスするための認証情報を設定し、次へ をクリックします。
    • インスタンス名を持つデータベース サーバー(例:DB-SERVER \ SERVERNAME)
    • 認証タイプ
    • 復元されたデータベース サーバーがホストされているドメインの名前
    • ユーザー名とパスワード
    • データベース名(自動的に提供されない場合)
  7. [インストール] をクリックします。
  8. インストールが完了したら、ePO インターフェースでリモート エージェント ハンドラーを有効にします。
リモート エージェント ハンドラーの詳細については、ePolicy Orchestrator 5.3.0製品ガイドPD25504)の「エージェント ハンドラー」セクションを参照してください。

解決策

プログラムと機能(またはプログラムの追加と削除)を使用して、インストールを変更します。

注:この手順は、Microsoft Windows 2012 R2 用です。 正確な手順は、オペレーティング システムによって異なる場合があります。
  1. エージェント ハンドラーに管理者権限でログオンします。
注:ドメイン管理者アカウントが機能しない場合は、ローカルの管理者アカウントを使用してください。
  1. プログラムと機能(または、オペレーティングシステムによっては、プログラムの追加と削除)にアクセスします。
  2. プログラム一覧から McAfee Agent ハンドラーを選択します。
  3. 変更 ボタンをクリックします。
  4. インストールウィザードで、次へ および 次へ をクリックします。
  5. グローバル管理者権限を持つ ePO コンソールのユーザー名とパスワードを入力します。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. ePO データベースのユーザー名とパスワードを入力します。
  8. [適用]、[OK] の順にクリックします。
エージェント ハンドラーが ePO データベースにアクセスするために使用するパスワードをリセットする必要があります。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.