Loading...

ナレッジセンター


コマンドラインスキャンを実行する方法
技術的な記事 ID:  KB75478
最終更新:  2014/02/12
評価:


環境

McAfee VirusScan Command Line Scanner (VSCL)

  

概要

通常、オンデマンドスキャンはVirusScanコンソールから実行しますが、非常に限られたプログラムのみ実行させる方法が必要となる場合があります。 
以下のようなシナリオが考えられますが、その限りではありません:

  • VirusScan をインストールする前にそのコンピュータがクリーンであることを確認する場合
  • コンピュータが感染し、VirusScan コンソールが実行できない状態になっている場合
  • VirusScan が正しくインストールできない場合

解決策

注意:

  • コマンドラインスキャンをセーフモードから実行する必要がある場合があります。
  • スキャンの前に一時的なファイルは削除することをお勧めします。 TEMPフォルダーや Internet Explorer の一時ファイル、履歴、クッキーなどがそれに該当します。

最新版のVirusScan Command Line Scanner (CLS) を使います。  CLS はDAT内の最新のジェネリックドライバを使うことができます。

  1. CLSをダウンロードします。
    McAfee 製品のダウンロードは、下記より可能です。承認番号 (Grant Number) が必要です。 
    http://www.mcafee.com/japan/licensed2/ (日本)
    http://www.mcafee.com/us/downloads/ (米国)
  2. プライマリパーティションのルートにフォルダーを作成します。 以下の例では c:\scan\ とします。
  3. vscl-w32-6.0.1-l.zip または それ以降のバージョンの CLS を c:\scan\ に展開します。
  4. 次の URL から最新のベータ DAT をダウンロードします。
    http://www.mcafee.com/apps/mcafee-labs/beta/dat-file-updates.aspx
  5. avvwin_netware_betadat.zip を c:\scan\ に展開し、既存のファイルを上書きします。
  6. 完全なシステムスキャンを実行します。(推奨)
  7. コマンドプロンプト(cmd.exe) を実行します。
  8. c:\scan に移動し、下記のコマンドを実行します。
    scan.exe /adl /all /analyze /clean /program /unzip /winmem /rptall /report=c:\scan\scan.log

以前のドキュメント ID

AR11093001

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


VirusScan Command Line Scanner 6.0.x

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.