Loading...

ナレッジセンター


McAfee Agent 4.6 Patch 2 を適用すると、Framework Service が停止しますFaulting application FrameworkService.exe, module msvcr80.dll, fault address 0x00008aa0
技術的な記事 ID:  KB75921
最終更新:  2014/02/13
評価:


環境

McAfee Agent 4.6 Patch 2

   

概要

 

動画チュートリアル

 

問題 1

Agent リッスンサーバを介して、Agent ログ (agent_computername.xml) へ読み込み/書き込みなど、複数のリクエストが行われると、 frameworkservice.exe でアプリケーションエラーが発生する場合があります。
これは一般的にウェークアップポートとして知られており、各種の機能がエージェントに対しアクセスする際に利用されます。

リッスンサーバを介してアクセス/ロギングを利用する機能のうち、この問題の影響を受ける機能は次のとおりです:

  • Super Agent Replications
  • Lazy Cache
  • RSD querying of the agent
  • Remote Agent log access

また frameworkservice.exe 再起動によって正常に戻りますが、上記の動作が行われると再び同じ問題を引き起こす場合があります。 この問題は McAfee Agent(MA) 4.6 Patch 2 特有の問題で、特に Super Agent が動作している環境で見られます。

この問題の影響範囲は次のとおりです:

  • 問題となる Agent バージョンは MA 4.6 Patch 2 です。 その他バージョンでは影響を受けません。
  • この問題は MA 4.6 Patch 2 へアップグレードした後にだけ発生します。
  • 問題となる事象は frameworkservice.exe でアプリケーションエラーが発生します。
  • この問題は Windows プラットフォームのみで発生します。 Linux, MAC 等、その他プラットフォーム用のMA 4.6 Patch 2 ではこの問題は発生しません。
 

問題 2

この問題が発生すると、次のエラーが Windows アプリケーションイベントログへ記録されます:

Application Error
Event ID: 1000
Description:
Faulting application FrameworkService.exe. version 4.6.0.2918.
faulting module msvcr80.dll.
version 8.0.50727.3035.
fault address 0x00008aa0 

問題 3

Agent ログには以下のような内容がログされます:

2012-08-09 04:22:19 I #4148 LstnSvr 'GET' request received from Host: 10.34.34.60:54929
2012-08-09 04:22:19 X #4148 LstnSvr   Request details are
2012-08-09 04:22:19 X #4148 LstnSvr   Type: [N/A] Arguments: [N/A] Url: [/]
2012-08-09 04:22:19 I #4148 Logging cmnlib_GenerateXMLLog
2012-08-09 04:22:19 I #4148 Logging Create XML
2012-08-09 04:22:22 X #4576 LstnSvr Inside SocketWndProc...
2012-08-09 04:22:22 X #3432 LstnSvr WQThreadProc:   Calling CAsyncSocket::DoCallBack... 

システムの変更

 

原因

 

解決策

 
本問題は McAfee Agent 4.6.0 Patch 2 Windows リポスト版(ビルド 4.6.0.2935) で修正されています。

重要:
  • オリジナルのビルド 4.6.0 Patch 2 (ビルド 4.6.0.2918) Windows版を適用されているお客様はすぐにリポストされているビルドと置き換えてください。
     
  • オリジナルのビルド 4.6.0 Patch 2 (ビルド 4.6.0.2918) のダウングレード、または削除を試みた場合は、Patch 2 のリポスト版をインストールする前に、必ずず KB75956 をご参照ください。

回避策

 

以前のドキュメント ID

MA12081001

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.