Loading...

ナレッジセンター


ホワイト ペーパー - アーカイブと圧縮ファイル
技術的な記事 ID:  KB75957
最終更新:  2014/02/13

環境

McAfee VirusScan Enterprise 8.x

  

概要

この記事では、用語の誤解を避けるため、圧縮ファイル、パックされたファイル、アーカイブ ファイル、自己解凍型実行ファイルの違いについて説明します。

圧縮ファイル

圧縮ファイルは、パッカーによって圧縮された単一のファイルです。一般的なパッカーとしては、UPX、ASPACK、PEPACK などがあります。Stinger は圧縮に UPX を使用しています。

パックされたファイル

パックされたファイルは圧縮ファイルの一つです。この用語は、すべて種類の圧縮形式やパッカーを表す総称的な用語として使用されています。ウイルス情報ライブラリ (VIL) では、圧縮されたファイルとして定義されています。これは、最新の ExploreZip など、圧縮形式の実行ファイルに変換されたファイルを意味します。

アーカイブ ファイル

アーカイブ ファイルは、1 つ以上のファイルをまとめているラッパーです。これらのファイルを使用するには、アーカイブから抽出する必要があります。ZIP、CAB、RAR などはアーカイブ ファイルです。

自己解凍型の実行ファイル

前述の定義に当てはめると、自己解凍型の実行ファイルもアーカイブ ファイルになりますが、このファイルは.exe 形式に変換されています。これにより、内部のファイルが自動的に展開され、実行されます。

以前のドキュメント ID

VE13032604

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.