Loading...

ナレッジセンター


McAfee Enterprise Mobility Management の対応環境
技術的な記事 ID:  KB76319
最終更新:  2013/12/04
評価:


環境

Enterprise Mobility Management 9.x
Enterprise Mobility Management 10.x

概要

Microsoft から新しいオペレーティング システムやサービスパックがリリースされているため、McAfee 製品の製品ガイドに、これらのプラットフォームに対する最新のサポート方針が反映されていない場合があります。
 
以下の情報の大半は製品のインストール ガイドと Readme.txt ファイルで提供されています。ただし情報の中には、McAfee KnowledgeBase で公開されている製品管理ステートメントでのみ入手可能なものがあります。
 
Microsoft Windows 対応オペレーティング システム
以下の表は、McAfee 製品が対応する Windows ワークステーション/サーバー系 OS を表しています。大半のユーザーは、リリース後すぐに最新のサービスパックにアップグレードしているので、この表には最新バージョンしか記載されていません。
 
サーバー オペレーティング システム

注:
  • Enterprise Mobility Management 10.1 および 10.0 は英語(米国)、ドイツ語、日本語、簡体中国語、およびフランス語の Microsoft Windows サーバーによる製品コンポーネント(ハブおよびプロキシ)のホスティングに対応しています。さらに、構成によりエンドユーザー体験をローカライズできます。
  • 9.5.5より前のバージョンの McAfee Enterprise Mobility Management は、2012 年 6 月 1 日に生産終了(EOL)になりました。これらのバージョンでは、関連製品またはユーティリティの新しいリリースでテストされません。したがって、最新の対応バージョンにアップグレードすることをお勧めします。詳しくは、マカフィーの EOL リストおよび EOL ポリシー(http://www.mcafee.com/us/support/support-eol-software-utilities.aspx)を参照してください。

Microsoft オペレーティング システム
最新
サポート対象
SP
 EMM 9.6  EMM 9.7  EMM 10.x
 Microsoft Windows 2012 Server - いいえ いいえ いいえ
 Microsoft Windows 2011 Small Business Server Premium
- いいえ いいえ いいえ
 Microsoft Windows 2008 Small Business Server Premium - いいえ いいえ いいえ
 Microsoft Windows 2008 Server R2 (64 ビット)
(Standard、Enterprise)
1 はい はい はい
Microsoft Windows 2008 Server (64 ビット)
(Standard、Enterprise)
2 はい はい はい
Microsoft Windows 2008 Server (32 ビット)
(Standard、Enterprise)
2 はい はい はい
 Microsoft Windows 2003 Server R2
2 はい はい はい
 Microsoft Windows 2003 Server R2 (64 ビット)
2 はい はい はい
 Microsoft Windows 2003 Server
2 はい はい はい
 Microsoft Windows 2003 Server (64 ビット)
2 はい はい はい
 Microsoft Windows 2000 Server
4 いいえ いいえ いいえ
 Microsoft Windows 2000 Advanced Server
4 いいえ いいえ いいえ
 

インターネット ブラウザー
  • Internet Explorer
  • Firefox
ブラウザーに Microsoft Silverlight 3.0 以降をインストールする必要があります。


Microsoft SQL のバージョン
  • Microsoft SQL Server 2005
  • Microsoft SQL Server 2008
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 (SQL Server 2008 R2 Express は McAfee EMM インストーラで利用できます。) 

    重要: Windows Server 2003 Service Pack 1 を SQL Express 2008 と一緒に使用しないでください。この構成では、インストールが失敗します。

Public Key Infrastructure (PKI) / 証明機関

PKI 環境へのインストールに対応しているのは、Windows 2008 64 ビット(Service Pack 1)または Windows 2008 R2 (Service Pack 1)で動作する Microsoft 証明機関だけです。証明機関はスタンドアロンでもエンタープライズでもかまいませんが、AD ドメインに属している必要があります。


モバイル機器
  • Apple iPhone iOS 4.x、5.x 以降
  • Apple iPod Touch
  • Apple iPad、iPad2
  • Windows Mobile 5.0、6.0、6.1、6.5
  • Windows Phone 7
  • Palm Pre (5.4)
  • Symbian Nokia E71、Nokia E71x
  • Froyo 2.2 以降を搭載している Motorola Android 端末 (インストール済みアプリ、Exchange の自動設定、パスコード ポリシー、WiFi、VPN、コンプライアンス、リモート消去、アンインストール、ロック、パスワードのリセットをサポート)
  • Froyo 2.2 以降を搭載している Android 端末 (インストール済みアプリ、パスコード ポリシー、WiFi、コンプライアンス、リモート消去、アンインストール、ロック、パスワードのリセットをサポート)
  • Froyo 2.1 以前を実行する Android デバイスは、手動で Exchange を設定(サポート パスコード ポリシー設定、コンプライアンス、およびリモート消去)してプロビジョニングできます。
検証済みのすべてのデバイスの詳細については、KB72701 を参照してください。

TouchDown Sync や Blur Sync などのサードパーティのツールをインストールして、その他の Android デバイスをサポートできます。詳細は、McAfee テクニカル サポートまでお問い合わせください。

連絡先情報:

次の方法でも可能です。
サービスポータル https://support.mcafee.com にログインします。
  • 登録済みのユーザの場合は、ユーザ IDパスワードを入力し、OKをクリックします。
  • 登録済みのユーザーでない場合は、New Userをクリックし、必須フィールドに必要事項を入力します。パスワードとログイン手順が電子メールで届きます。

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.