Loading...

ナレッジセンター


Central Managementで管理している MWG 7.x アプライアンスのアップグレードについて
技術的な記事 ID:  KB76905
最終更新:  2014/02/13
評価:


環境

McAfee Web Gateway 7.x

問題

複数のアプライアンスをお持ちで Central Management をご利用の場合は、アップグレード実施前に全てのアプライアンスを Central Management クラスタから削除することをお勧めします。その場合、各アプライアンスを一つずつ削除し、それぞれをアップデートする必要があります。全てのアプライアンスのアップデートに成功したら、再度すべてのアプライアンスを Central Management クラスタに追加します。

注意: Central Management クラスタにある全てのアプライアンスには 同じ MWG ソフトウエアバージョンが必要です。

アップグレード前にクラスターを解除することは必須ではありませんが、マカフィーはクラスターを解除しておくことをお勧めします。

解決策

アップグレード手順
  1. Central Management管理ノードのGUIにログインします
  2. Troubleshooting - Backup/Restore から バックアップファイルを取得します

    注意: Central Management管理ノードすべての設定が含まれています。 
     
  3. Central Managementから、ノードを削除します
    1. Configurationタブをクリックします
      左側ツリーにCentral Management管理ノードが表示されていることを確認します
    2. ノードを選択しDeleteをクリックします
     
  4.  他ノードのGUIにログインし、Configurationタブ左側ツリーからCentral Management管理ノードが削除されていることを確認します
     
  5. Central Managementで管理されていないノードを順次アップグレードします 
    1. Configuration タブをクリックします。
    2. ホスト名をハイライトします。
    3. Update appliance software をクリックします。
       
  6. すべてのノードのアップグレードが完了したら、各ノードを再びCentral Managementに参加させます
    1. Central Management管理ノードのGUIにログインします
    2. Configurationタブをクリックします
    3. AddをクリックしてAdd applianceを実行します
  7. アプライアンスを再起動します。

以前のドキュメント ID

WG13101501

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


Web Gateway v7 and later 7.1 (EOL)

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.