Loading...

ナレッジセンター


Mfeffcore.exe の CPU 利用率が上昇し、Adobe Reader が応答しなくなります。
技術的な記事 ID:  KB76925
最終更新:  2014/02/13

環境

McAfee Endpoint Encryption for Files and Folders 4.1 (4.1.0.577)
McAfee Endpoint Encryption for Files and Folders 4.0 with/without Patch 1 (4.0.0.37, 4.0.1.332)
Adobe Acrobat Reader

  

問題

EEFF がインストールされているマシンで、Adobe Reader の "ツール" オプションにアクセスします。その後、Mfeffcore.exe の CPU 利用率が 25 % 程度まで上昇し、Adobe Reader が応答を停止します。

原因

この問題は、EEFF 製品側の不具合に起因して発生します。

解決策

この問題は、EEFF 4.1.1 以降で修正されています。こちらから最新版の製品をダウンロードしてアップグレードを行ってください。

最新の EEFF リリース情報については KB72735 をご参照ください。

マカフィー製品、更新、およびドキュメントをダウンロードするには、http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx のダウンロード ページにアクセスしてください。

ダウンロード方法については、KB56057 を参照してください。
 

回避策

この問題は、Adobe Reader で "起動時に保護モードを有効にする" オプションを無効にすることで回避できます。

以前のドキュメント ID

EEF13121301

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.