Loading...

ナレッジセンター


Enterprise Mobility Management (EMM) の SSL (ポータル) 証明書を作成する方法
技術的な記事 ID:  KB77065
最終更新:  2014/02/13

環境

McAfee Enterprise Mobility Management 10.x
McAfee Enterprise Mobility Management 9.x

  

概要

この記事では、Enterprise Mobility Management (EMM) 9.x または 10.x に SSL (ポータル) 証明書を作成する方法について説明します。

EMM の SSL (ポータル) 証明書を更新または新規に作成する

次の手順に従って、IIS 7 が実行されている Microsoft Windows 2008 で証明書の署名要求 (CSR) を作成します。

  1. [スタート]、[管理ツール]、[IIS マネージャー] の順にクリックします。
  2. 左側でサーバー名を選択します。
  3. 中央で サーバー証明書を選択します。
  4. 右側にある [証明書の要求の作成] を選択して CSR ウィザードを開始します。
  5. ウィザードのフィールドに情報を入力します。[共通名] に会社名または会社の URLを入力して、[次へ] をクリックします。
  6. [暗号化サービス プロバイダー] で [Microsoft RSA SChannel Cryptographic Provider] を選択します。
  7. [ビット長] で 2048 を選択し、[次へ] をクリックしてコンピューターに CSR を保存します。

注意: Microsoft Windows 2003 で IIS 6.0 を使用している場合には、Microsoft KnowledgeBase で次の記事を参照し、Windows 2003 での CSR の作成方法を確認してください。http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/WindowsServer2003/Library/IIS/9ce723e4-93b1-4b91-9f80-23f7ad592ceb.mspx?mfr=true

公的 CA に連絡して証明書を取得する

CA の指示に従って既存の証明書を更新するか (既存の EMM 環境の場合)、新しい証明書を作成してください (新しい EMM 環境の場合)。

注意:

  • 前の手順で作成した CSR を CA に提示する必要があります。
  • EMM は自己署名証明書に対応していません。

証明書要求を完了する

  1. CSR を完了するには、元の CSR 要求を生成したサーバーの IIS マネージャーで、サーバー証明書を再度開きます。
  2. 右側の列で [証明書の要求を完了する] をクリックします。
  3. CA から取得した .CER または CRT 応答を選択します。
  4. 管理者が証明書を簡単に識別できるように、分かりやすい名前 (例: EMM ポータル) を入力して [OK] をクリックします。証明書が [サーバー証明書] に表示されます。
  5. 証明書を .pfx でエクスポートするため、いまインポートした証明書を右クリックして [エクスポート] を選択します。
  6. ファイルを .pfx として保存し、パスワードを設定します。

注意: このパスワードは忘れないでください。証明書を EMM にインストールするときに必要になります。

これで EMM SSL ポータル証明書が作成されました。この証明書は初期インストール時に EMM インストーラーで使用できます。また、既存の EMM 環境で期限切れの SSL 証明書を更新する場合にも使用できます。

EMM 環境で SSL 証明書を更新する方法については、KB72665 を参照してください。

以前のドキュメント ID

EMM13040105

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.