Loading...

ナレッジセンター


パスコードの失敗に対する iOS 待機時間
技術的な記事 ID:  KB77391
最終更新:  2014/02/14
評価:


環境

McAfee Enterprise Mobility Management 10.x
McAfee Enterprise Mobility Management 9.x

  

概要

McAfee Enterprise Mobility Management(EMM)のパスワードポリシーには、(x)回のパスワード入力失敗の後、デバイスをワイプするオプションが含まれています。iOS デバイスに間違ったパスワードが入力されると、ホーム画面に次のいずれか 1 つを示すバナーが表示されます。
  • iPhone はロックされています
  • iPad はロックされています
  • iPod はロックされています
次の表は、間違ったパスワードが入力されたときにデバイスが待機するデフォルトの時間を示しています。

失敗した回数  待機時間  追加された待機時間の合計
1-5  なし  なし
6  1 分  1 分
7  5 分  6 分
8  15 分  21 分
9  60 分  81 分
10  60 分  141 分
11  黒い画面  デバイスがワイプを開始

注:

  • 間違ったパスワードを最大回数まで入力してデバイスがワイプされた後、iTunes または iCloud 経由でデバイスをリストアできます。
  • これはデバイス固有のセキュリティ手段であるため、EMM はタイムアウト間隔を制御できません。

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.