Loading...

Knowledge Center


タブレットがタッチ インターフェースに応答するかどうかを確認するための UEFI テストツール
Technical Articles ID:   KB78050
Last Modified:  2017/11/07

Environment

McAfee Drive Encryption (DE) 7.1.x
McAfee Endpoint Encryption for PC (EEPC) 7.0 Patch 1 以降の EEPC 7 のリリース

Microsoft Windows 8.x (32 ビット、64 ビット)
Microsoft Windows 7(64ビット)

Summary

この UEFI ベースのタブレット テスト ツールの目的は、以下を検証することです。
  • タブレットが、必要な UEFI ベースのプロトコルをサポートしていること
  • OEM が UEFI ベースのプロトコルを正しく実装していること

重要:このツールは、DE 7.1 以降および EEPC 7.0.1 以降の EEPC 7 に基づいて機能を検証します。

このツールは、DE/EEPC のプリブート環境がタッチ インタフェースに応答するかどうか確認する機能を、顧客、パートナー、および OEM に迅速、簡単、かつ簡単に提供します。 これはスタンドアロンのツールで、EEPC をインストールする必要はありません。 特定のタブレット デバイスへの暗号化の配備を検討する前に、このツールをデバイスで実行して互換性を確認することをお勧めします。
このテストツールを使用して UEFI ベースのタブレットをテストする一般的なプロセスを以下に示します。
  1. 管理者が、この記事からツールをダウンロードします。
  2. 管理者が、選択したタブレット デバイスでツールを実行します。
  3. このツールは、必要な UEFI プロトコルをチェックします。
  4. 管理者が、画面の各隅にある 4 つの赤いボタンにタッチしてみます。
テストが成功すると以下のようになります。
  • 管理者が 4 つのボタンのそれぞれに触れることができ、ボタンの色が赤から緑に変わります。
  • すべてのボタンを押し終わると、ステータス メッセージが緑のステータスメッセージに変わり、成功したことを示します。
テストが失敗すると以下のようになります。
  • Absolute Pointer プロトコルは存在せず、ハードウェアにリンクされています。
  • 管理者は、4 つのボタンすべてに触れることができません。 この理由は、Absolute Pointer プロトコルが存在しない、スケーリングに問題がある、などである場合があります。
  • 緑色のステータスメッセージ以外の色のステータスメッセージ。
正常なテスト ステータスのみが、DE/EEPC プリブート環境がタブレットのタッチ インターフェースに応答できることを保証します。

USB メモリにツールをロードする方法
Windows 8.x を使用した例:
  1. この記事に添付されている TabletTool.zip をダウンロードして解凍します。
  2. USB メモリ を FAT32 にフォーマットします。
  3. USBデバイス上に次のフォルダーを作成します:/efi/boot/
  4. 必要なファイルを /efi/boot/ 起動フォルダーにコピーします。
  • 32 ビット UEFI のシステムでは、BOOTIA32.efi をコピーします。
  • 64 ビット UEFI のシステムでは、BOOTIX64.efi をコピーします。
注:デバイスが 32 ビットであるか 64 ビットであるかが不明な場合は、両方のファイルをコピーします。これにより、UEFI 実装が 32 ビットまたは 64 ビットのどちらであっても、同じ USB デバイスを多くのシステムで使用することができます。
  1. セキュア ブートを無効にします(必要な場合)
    この手順は、Microsoft がセキュア ブートのルールに従ってツールに署名しないため、Windows 8 認定ハードウェアでは必要です。
    1. ポインタを画面の右下に移動して Windows 8 チャーム サイド バーを表示します。
    2. 設定PC 設定の変更一般 の順にクリックします。
    3. 右側のウィンドウで、下にスクロールして 詳細設定 を見つけて、今すぐ再起動 を選択します。
    4. オプションの選択ウィンドウで、トラブルシューティング詳細オプションUEFI ファームウェア設定 の順にクリックし、再起動 をクリックします。
    5. セットアップ ウィンドウで、セキュリティ タブの セキュア ブートの設定 を選択し、UEFI セキュア ブート オプションを 無効 に設定します。
    6. 変更を保存して終了します。
  2. USB デバイスを挿入します。
  3. ポインタを画面の右下に移動して Windows 8 チャーム サイド バーを表示します。
  4. 設定PC 設定の変更一般 の順にクリックします。
  5. 右側のウィンドウで、下にスクロールして 詳細設定 を見つけて、今すぐ再起動 を選択します。
  6. オプション選択ウィンドウで、デバイスを使用 をクリックして USB デバイスを選択します。

    コンピューターが再起動し、Absolute Pointer プロトコル テスト ツール インターフェイスが表示されます。


    注:Absolute Pointer プロトコル テスト ツール インターフェイスは、5 分後にコンピューターを閉じて再起動します。テストが失敗した場合は、手動で再起動します。
タブレット テスト ツールの設定
タブレット テスト ツールでは、次の情報が表示されます。
  • 画面上部中央にカラーのステータス メッセージが表示されます。 これは、テストの現在のステータスを表示し、テストが成功したか失敗したかの結果を示します。
  • 4 つの赤いボタンが、画面の各隅に 1 つずつ表示されます。 各ボタンを少なくとも 1 回は押す必要があります。 ボタンを押した後、次のようになります:
    • ボタンが赤から緑に変わります。
    • ボタンのテキストは、Press me から Pressed N times(N はボタンが押された回数)に変わります。
    • ログが更新されます。
  • 画面の中央に表示されるログ。 これは、テスト中に取られたさまざまな情報とアクションのログを表示します。
  • Absolute Pointer プロトコルからの最新の座標(x、y)を詳細表示するボックス。 これは、画面中央下方に表示されます。

タブレット テスト ツールのステータス メッセージ
タブレット テスト ツールでは、次のステータス メッセージが表示できます。
  • UEFI Pre-Boot Support: Cannot be determined until all corner buttons are pressed(UEFI プリブート サポート:すべてのコーナーのボタンが押されるまで決定できません)
    • このメッセージは黄色で表示されます。
    • これはツールのデフォルトのステータスであり、すべてのコーナーのボタンが押されるか、またはエラーが発生するまでこのままです。
    • このデバイスでスケーリングが正しくなく、カーソルが 1 つまたは複数のボタンに移動できない場合、このステータスのままになります。
    • このステータスは、テストが成功したことを意味していません。
  • UEFI Pre-Boot Support: Unsupported - No Absolute Pointer Protocol for touch screen(UEFI プリブートのサポート:サポートされていない - タッチ スクリーンの Absolute Pointer プロトコルなし)
    • このメッセージは赤で表示されます。
    • これは、必要な UEFI プロトコルが存在せず、このタブレットのハードウェアにリンクされていることを示します。
    • DE/EEPC プリブート環境は、このタブレット デバイスのタッチ インターフェースに応答しません。
    • タッチ インターフェイスが正しく機能するためには、OEM がこの UEFI プロトコルを提供する必要があります。 これには、このデバイス用の OEM からの UEFI アップグレードが必要な場合があります。
    • このステータスはエラー メッセージです。
  • UEFI Pre-Boot Support: Unsupported – Touch scaling is incorrect(UEFI プリブートのサポート:未サポート - タッチ スケールが正しくない)
    • このメッセージは赤で表示されます。
    • これは、このデバイスでスケーリングが正しくないことを示します。 これは、一般に、カーソルが画面外に移動することによってわかります。
    • DE/EEPC プリブート環境は、このタブレット デバイスのタッチ インターフェースに正しく応答しません。
    • 期待どおりに動作するためには、OEM が UEFI の更新を提供する必要があります。 これには、このデバイス用の OEM からの UEFI アップグレードが必要な場合があります。
    • このステータスはエラー メッセージです。
  • UEFI プリブートのサポート:サポート
    • このメッセージは緑色で表示されます。
    • これは、4 つのボタンのすべてが少なくとも 1 回は正しく押されたことを示します。
    • DE/EEPC プリブート環境は、このタブレット デバイスのタッチ インターフェースに応答します。
    • このステータスは成功のメッセージです。
ログのコンテンツ
画面の中央に表示されるログは、MfePointerStatus.txt という名前のファイルに自動的に保存/追加書き込みされ、実行可能ファイルが格納されているフォルダに書き込まれます。

タブレット テスト ツールの実行
最初の起動時に、次の情報が表示されます。
  • UEFI ファームウェアのベンダーとバージョン
  • 現在のグラフィック モードの情報
  • I2C プロトコルの数
  • Simple Pointer プロトコルの数と、このプロトコルが見つかった場合、それらがタブレット内のハードウェアにリンクされているかどうか
  • Absolute Pointer プロトコルの数と、このプロトコルが見つかった場合、それらがタブレット内のハードウェアにリンクされているかどうか
実行中に、次の情報を含む詳細情報がログに追加されます。
  • ステータスの変更
  • 押されたボタンに関する情報
重要:エラーのステータス メッセージが表示された場合は、OEM に解決策を問い合わせてください。マカフィーでは、UEFI にプロトコルを追加したり、UEFI プロトコルの潜在的な問題を解決することはできません。

Attachment

TabletTool.zip
504K • < 1 minute @ broadband


Rate this document

Did this article resolve your issue?

Please provide any comments below

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.