Loading...

ナレッジセンター


SafeBoot Content Encryption 2.xで暗号化したファイルのEndpoint Encryption for Files and Folders 3.2.xでのサポート
技術的な記事 ID:  KB78142
最終更新:  2014/02/13

環境

McAfee Endpoint Encryption for Files and Folders (EEFF) 3.2.x
McAfee SafeBoot Content Encryption 2.x (End of Sale (EOS) and End of Life (EOL))

  

注意: EEFF は以前は SafeBoot Content Encryption として知られていました。

概要

このサポート情報はマカフィー製品管理チームより提供されています。
 


これは SafeBoot Content Encryption 2.xで暗号化したファイルのEndpoint Encryption for Files and Folders (EEFF) でのサポートに関する記事です。

SafeBoot Content Encryption 2.x で作成された全ての暗号化ファイルは、EEFF 3.2.x 以降で読み取ることができません。

注意: Support for SafeBoot Content Encryption 2.x ended in October, 11 2010, for details of the EOS/EOL, see KB60755.

Taking into consideration the fact that Content Encryption version 2.x is already passed the EOL stage, consequently the files encrypted with these releases can no longer be supported.

解決策
EEFF 3.1.x であれば、CE 2.x との下位互換性を有しているため、SafeBoot Content Encryption 2.x で暗号化したファイルを読み取ることができますが、マカフィーは EEFF 3.2.x 以降へアップグレードする場合、Content Encryption 2.x で暗号化したファイルを事前に復号しておくことを推奨します。

注意: EEFF 3.2.6 Administration Guide (PD23088) は、本記事の内容を踏まえて更新される予定です

以前のドキュメント ID

EEF13061903

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.