Loading...

ナレッジセンター


ウイルス定義ファイル(DATファイル)の更新が失敗する
技術的な記事 ID:  KB78419
最終更新:  2014/02/13

環境

McAfee Email and Web Security (EWS) 5.6
McAfee Email Gateway (MEG) 7.0

概要

 

動画チュートリアル

 

問題

EWS 5.6 および MEG 7.0 のスケジュールDAT更新は、初期設定で3:00 AMに設定されておりますが、その更新が失敗する場合があります。

システムの変更

 

原因

Email and Web Security Appliance (以下EWS) がダウンロードするウイルス定義ファイル(DATファイル)は、CDN (Contents Delivery Network) を通じて配布されます。CDN内で新しいDATファイルの同期が進行中に、アプライアンスのスケジュール設定された更新タスクが動作すると、アプライアンスが不完全なDATファイルのダウンロードを試みて、更新に失敗することがあります。

EWSのスケジュールDAT更新は、初期設定で3:00 AMに設定されております。現在、CDN内のDATファイルの更新作業が、日本時間の深夜帯に実施されている都合上、日本(もしくはアジア地域)のお客様は、ごく稀に本問題に遭遇する可能性があります。

解決策

本問題に対する解決策は、DATファイルの更新頻度を以下のように変更してください。

1日1回(デフォルト値) → 4時間毎(推奨値)

 

それによって、仮にDAT更新が失敗した場合でも、次のスケジュールタスクで最新のDATファイルを取得することができます。
以下の手順で、更新頻度を変更してください。

例: DAT更新スケジュールを4時間ごとの毎時10分に設定する手順

 

  1. アプライアンスの管理コンソールを開きます。
  2. [システム] – [コンポーネントの管理] – [更新ステータス]を選択します。
  3. [ウイルス対策エンジン] 項目の [スケジュール設定] 列にあるリンクをクリックします。
  4. 次へボタンを2回クリックし、[更新をスケジュールする時刻]のページを表示します。
  5. スケジュールを[毎時4時間ごとの毎時10分後にアップデートを実行]に変更します。
  6. 終了ボタンをクリックします。
  7. 設定を保存します。

注意: MEG7.5では、初期設定で、[毎時4時間ごとの毎時10分後にアップデートを実行]に設定されております。

スケジュール変更後もDATファイルの更新に失敗する場合は、マカフィーテクニカルサポートにお問い合わせください。その際、本記事の番号もお知らせください。

連絡先情報:

次の方法でも可能です。
サービスポータル https://support.mcafee.com にログインします。
  • 登録済みのユーザの場合は、ユーザ IDパスワードを入力し、OKをクリックします。
  • 登録済みのユーザーでない場合は、New Userをクリックし、必須フィールドに必要事項を入力します。パスワードとログイン手順が電子メールで届きます。

回避策

 

以前のドキュメント ID

EW513061301, MEG13061301

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.