Loading...

ナレッジセンター


[重要] GTI クラウドサーバ SSL 証明書更新のお知らせ
技術的な記事 ID:  KB79355
最終更新:  2014/02/12
評価:


環境

McAfee Application Control (MAC) Extension 6.1.0, 6.0.0

概要

GTI サーバ [cql.gti.mcafee.com] の SSL 証明書が更新されます。更新後は古い SSL 証明書を使用している McAfee Application Control (以下 AC) のバージョンからは GTI サーバへ接続できなくなります。接続を有効にするためには、後述の手順に従って下さい。

注意:AC 6.1 patch1 以降のバージョンの拡張ファイルをePOにチェックインしている場合には影響はありません。

解決策

AC 6.1 patch1 以前の拡張ファイルを使用している場合は添付のSSL証明書に更新して下さい。

重要:新しいSSL証明書は2013年9月23日(月) 以降に更新される予定です。それまでは添付の SSL 証明書を適用しないようにご注意ください。 

SSL 証明書の更新手順

  1. 本 Q&A ページに掲載されている SSL 証明書をダウンロードします。
  2. ePO コンソールにログインします。
  3. [メニュー] > [設定] > [登録済みサーバ] を選択します。
  4. 画面左の登録済みサーバ列内の [Application Control GTI クラウドサーバ] を選択します。
  5. [アクション] > [編集] をクリックします。
  6. [次へ] をクリックし詳細ページを開きます。
  7. 下記に従い SSL 証明書を選択します。 
    [Application Control GTI クラウドサーバのサーバ証明書] > [証明書の変更] にチェック > [参照] からダウンロードした証明書を指定します。 
    [Application Control GTI クラウドフィードバックサーバのサーバ証明書] > [証明書の変更] にチェック > [参照] からダウンロードした証明書を指定します。

     

  8. 保存をクリックします。

添付ファイル

GTIServerCertificate.zip
2K • < 1 minute @ 56k, < 1 minute @ broadband


以前のドキュメント ID

AC13092001

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.