Loading...

Host IPS 7.0 または 8.0 アップグレード後に、Data Loss Prevention Endpoint 9.3 のインストール後またはシステムの起動時に応答を停止
技術的な記事 ID:   KB79558
最終更新:  2017/11/30
評価:


環境

 McAfee Data Loss Prevention Endpoint (DLPE) 9.3
McAfee Host Intrusion Prevention (Host IPS) 8.0、7.0
McAfee VirusScan Enterprise (VSE) 8.8

問題

Host IPS 7.0 or 8.0 might stop responding during system startup after an upgrade or after an installation of DLPE 9.3.

Existing McAfee SystemCore files are upgraded from an earlier version (15.0.x) to 15.1.x by DLPE 9.3.

注:この記事の回避策 3 を適用すると VSE 8.8が間接的に影響を受ける可能性があります。Host IPS 7.0 / 8.0 および DLPE 9.3のシステムで VSE が現在実行されている場合は、VSE をアンインストールして再インストールする必要があります。

問題

システムはブートパーティションを見つけることができません。 この場合、次のエラーを参照してください:

INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE
注: この問題はLenovo 367922U タブレット で次の製品で発生するとリストされています:
  • DLPE 9.3.0.637
  • Endpoint Encryption 7.0.1.354
  • McAfee Agent 4.8.0.3122
  • Host IPS 8.0.0.2589

問題

Host IPS 8.0を実行しているシステムに DLPE 9.3エージェントを配備した後、Windows ログオンの問題が発生することがあります。

注: この問題は HP EliteBook 8570p で次のシステム製品で報告されています:
  • DLPE 9.3.0.637
  • VSE 8.8.0.975
  • McAfee Agent 4.8.0.887
  • Host IPS 8.0.0.2151
  • Credant Disk Encryption

システムの変更

DLPE 9.3 をインストールまたはアップグレードします。

原因

Host IPS 8.0 Patch 2 は SystemCore 15.1.x ファイルとの互換性がありません

解決策

テクニカルサポートは DLPE 9.3 にアップグレードする 前に VSE/Host IPS to Patch 4 にアップグレードすることを推奨します。

注: この状態にしている場合、問題を解決するパッチ 4 を適用します

回避策

DLPE 9.3 をインストールして、 システムを再起動していない場合 、次の操作を行ってください:
  1. IPS 保護ポリシーで Host IPS 保護を無効にして、影響を受けるシステムに適用します。
  2. Contact Technical Support and open a Service Request.
    テクニカル サポートに問い合わせるには、ServicePortal にログオンし、https://support.mcafee.com/ServicePortal/faces/serviceRequests/createSR で「サービス リクエストの作成」ページにアクセスします。
    • 登録済みのユーザーの場合は、ユーザ ID とパスワードを入力し、ログインをクリックします。
    • 登録済みのユーザーでない場合は、Register をクリックし、必須フィールドに入力します。 パスワードとログインに関する手順を示した電子メールが送信されます。

回避策

DLPE 9.3 をインストールしてシステムを 再起動した場合 、次の操作を行ってください:
  1. Windows XP に搭載されている 前回正常起動時の構成 を使用してシステムの復元を行ってください。 詳細については、Microsoft サポート記事を参照してください 307582 https://support.microsoft.com/kb/307852
  2. IPS 保護ポリシーで Host IPS 保護を無効にして、影響を受けるシステムに適用します。
  3. Contact Technical Support and open a Service Request.
    テクニカル サポートに問い合わせるには、ServicePortal にログオンし、https://support.mcafee.com/ServicePortal/faces/serviceRequests/createSR で「サービス リクエストの作成」ページにアクセスします。
    • 登録済みのユーザーの場合は、ユーザ ID とパスワードを入力し、ログインをクリックします。
    • 登録済みのユーザーでない場合は、Register をクリックし、必須フィールドに入力します。 パスワードとログインに関する手順を示した電子メールが送信されます。

回避策

  1. 影響を受けるエンドポイント システムからすべてのマカフィー ポイント製品を削除し、システムの再起動を実行します。
  2. DLPE 9.2 Patch 2 エージェントを再インストールする

    注: 新しい拡張ファイルは下位互換性があるので拡張子の変更は必要ありません
  3. 残りのすべてのマカフィー ポイント製品を再インストールします。
  4. エンドポイント システムを再起動します。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は、次の言語で表示可能です:

English United States
Japanese

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.