Loading...

ナレッジセンター


EMM 11.x でデバイスのプロビジョニングが失敗する (Windows API Error Code = 0x80040e2f)
技術的な記事 ID:  KB79812
最終更新:  2014/02/13

環境

McAfee Enterprise Mobility Management 11.0

問題

EMM 11.x で、デバイスのプロビジョニングが成功しない場合があります。問題発生時以下のような状態となります。

  • iOS デバイスは、MDM プロファイルのみ受信します。
  • Android デバイスは、Secure Container の設定に失敗します。
  • デバイスは、ePolicy Orchestrator (以下 ePO) のシステムツリーに表示されません。

これらの問題が起きる場合、EMM Hub サーバーに以下のエラーが出力される場合があります。

EMM.Hub.PropertiesToEpoSender
Failed to SendDeviceToePO for device ApplDN6G64GCDKPH with status Error and message ProcessWorkQueue: Failed, AgentGUID=3d9a3324-5e11-562d-8f5d-04de00d372db  API=SendDeviceToePO  Windows API Error Code = 0x80040e2f

更に、ePO サーバー上の mobile_epo.log ファイルに以下のエラーが出力される場合があります。

2013/06/27 18:33:16: E #05076 dbmgr   Failed to acquire work processing mutex
2013/06/27 18:33:16: E #05076 dbmgr   ProcessWorkQueue: Failed, AgentGUID=15c85293-fe2a-f765-65e2-75ff061369be  API=SendDeviceToePO  Windows API Error Code = 0x80040e2f  
2013/06/27 18:33:16: E #05076 api     SendDevicesToePO: failed to process the work queue for Agent Guid: 15c85293-fe2a-f765-65e2-75ff061369be in the db.  Device 0 of 1.

注意: 上記のエラーが発生する以前にプロビジョニング済みのデバイスは、引き続きご利用いただけます。新規プロビジョニング対象のデバイスで上記のような動作が発生します。

解決策

本事象は、EMM Extension 11.0.1.103 で修正済みです。ダウンロードページより入手いただきご利用ください。

以前のドキュメント ID

EMM13120403

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

言語:

この記事は以下の言語でご利用になれます。

English United States
Japanese
Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.