Loading...

ナレッジセンター


EEFF のドライバトレースログ収集方法について
技術的な記事 ID:  KB80119
最終更新:  2014/02/13

概要

概要

Endpoint Encryption for Files and Folders (以降、EEFF) 3.x の問題をトラブルシューティングする過程で、EEFF ドライバトレースログを収集しテクニカルサポートセンターへ提供することがあります。そのような場合は、以下の手順に従ってトレースログを収集してください。

手順 (EEFF ログイン関連の問題)
  1. 以下のフォルダを開きます。
    C:\Program Files\McAfee\Endpoint Encryption for Files and Folders\Data
  2. SBC4.ini をテキストエディタで開きます。
  3. 以下のパラメータを先頭行に追加し、上書き保存します。
    [Debug]
    Trace=1
  4. 2. のファイルを、以下のフォルダにコピーします。
    C:\Program Files\McAfee\Endpoint Encryption for Files and Folders
  5. クライアントマシンを再起動します。
  6. EEFF にログイン後、以下のフォルダに SbCe.log が作成されますので収集します。
    C:\Program Files\McAfee\Endpoint Encryption for Files and Folders
手順 (その他 Windows 関連の問題) ※ BSOD やシステムクラッシュは除きます
  1. コマンドプロンプトを起動します。
  2. EEFF インストールディレクトリへ移動します。
    (デフォルトは、c:\Program Files\McAfee\Endpoint Encryption for Files and Folders です)
  3. 以下のコマンドを実行して C:\trace ディレクトリを作成します。

    md c:\trace

  4. 以下のコマンドを実行してデバッグモードを有効にします。

    SbCeShell -enable_user_mode_trace
    SbCeShell -use_full_driver_trace
    SbCeShell -enable_driver_trace c:\trace\trace.txt


  5. 事象を再現させます。
  6. 以下のコマンドを実行してデバッグモードを無効にします。

    SbCeShell -disable_driver_trace
    SbCeShell -disable_user_mode_trace


  7. 以下のフォルダ・ファイルを収集します。
    フォルダ: C:\trace
    ファイル: C:\Documents and Settings\Administrator\Local Settings/Temp/TraceFile.sb
    (Administrator で Windows にログオンしている場合)

以前のドキュメント ID

EEF12082304

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.