Loading...

ナレッジセンター


Seagate 製 DiscWizard ツールがインストールされていると、EEFF のステータス画面が応答しなくなります。
技術的な記事 ID:  KB80134
最終更新:  2014/02/13

概要

 

問題

Seagate 製 DiscWizard 11.0.0.8326 がインストールされている環境に、Endpoint Encryption for Files and Folders (以降、EEFF) 3.2.x クライアントをインストールします。その後、EEFF ステータス画面を表示してサーバと同期を行うと、ステータス画面がハングアップします。尚、この問題が発生した時は、SbTrayManager.exe が応答しません。

解決策

SbC4.ini の内容を編集することで、この問題を解決することができます。手順は、以下の通りです。

<手順>

  1. テキストエディタを使用して、新規テキストファイルを作成します。
     
  2. 下記のテキストをコピーして貼り付けます。
     
     
  3. SbC4.ini というファイル名を付けて任意のフォルダに保存します。
     
  4. Windows エクスプローラを起動して、EEFF がインストールされている以下のフォルダへ移動します。
    例: C:\Program Files\McAfee\Endpoint Encryption for Files and Folders\Data
     
  5. 既に存在している SbC4.ini を別名にリネームします。
     
  6. 手順 3. のファイルをコピーします。
     
  7. 以下のフォルダへ移動します。
    例: C:\Program Files\McAfee\Endpoint Encryption for Files and Folders
     
  8. 手順 3. のファイルをコピーします。
     
  9. PC を再起動します。

<補足>

これにより、EEFF 認証時に Private Desktop ではなく User Desktop に切り替えることができます。

<用語>

Private Desktop
EEFF 認証時に使用される専用のデスクトップ画面です。EEFF 認証操作以外のデスクトップ操作を行うことができません。
User Desktop
通常のデスクトップ画面に EEFF 認証ダイアログを表示させるタイプのデスクトップ画面です。EEFF 認証ダイアログが表示された状態で、他のデスクトップ操作を行うことが可能です。

以前のドキュメント ID

EEF11121906

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.