Loading...

ナレッジセンター


FCAGTE.EXE を停止させる方法 (DLPE9.2以降)
技術的な記事 ID:  KB80241
最終更新:  2014/02/14

概要

関連FAQ
 

KB80253: FCAGTE.EXE を停止させる方法 ※ DLP9.1までのバージョンの手順

前提

このサポート Q&A ではData LossPrevention Endpoint (以降 DLPE) および Device Control (以降 DC) の操作における注意事項についてご説明します。システム要件や各項目の詳細などについては、各バージョンのマニュアルをご参照ください。

内容

DC/DLP にてデバイスルールのみ (特定 USB デバイスの接続を拒否・読み取り専用にするなど) 使用する場合は、 DLP プロセスの FCAGTE.EXE は起動させる必要がありません。起動させていると不要なプロセスとしてマシン上のリソースを消費する事になりますので、下記方法にて該当プロセスを起動させないようにする事が可能です。 (FCAGTE.EXE はテキスト検索の役割を担う DLP のプロセスの一つです。)

手順
  1. ePO コンソール > メニュー > データ保護 > DLP ポリシーを開きます。
  2. エージェント設定 > グローバルエージェント設定の編集を開きます。
  3. [ファイル追跡] から下図のチェックを選択します。
  4. 設定を ePO へ保存し、クライアントへエージェントウェークアップコールを実施して、クライアントマシンを再起動する。
  5. クライアントマシン起動後に、タスクマネージャから [FCAGTE.EXE] が起動していないことを確認する。

以前のドキュメント ID

DL11121302

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.