Loading...

ナレッジセンター


ポリシーのアップデート後、複数のメールアカウントが作成される
技術的な記事 ID:  KB80383
最終更新:  2014/02/13

概要

環境:

McAfee Enterprise Mobility Management (以下 EMM) 9.x, 10.0
サポートされるすべてのオペレーティングシステムの詳細については、KB51109 を参照してください。

問題 1:

iOS v5.1 未満のデバイスでは、ポリシーのアップデート時、複数のメールアカウントが作成される場合があります。
iOS 用の EMM Agent から設定の更新を行った場合も、同様の事象が発生する場合があります。

問題 2:

iOS v5.1 未満のデバイスでは、ポリシーのアップデート後に以下のポップアップメッセージが出力される場合があります。

メールを取得できません

原因:

変更後のポリシーをデバイスにパブリッシュしたり、iOS 用の EMM Agent から設定の更新を行ったりした場合、EMM Agent がデバイス上の古いメールアカウントや古い Enterprise Activation プロファイルの削除と新しい構成の導入を試みます。通常 Enterprise Activation プロファイルの削除により、メールアカウントの削除が同時に行われますが、稀に古いメールアカウントの削除に失敗する場合があります。

解決策:

McAfee では、iOS v5.1 での再現性が確認できなかったため、iOS v5.1 以降へのアップグレードをおすすめしております。

回避策:

以下の操作を iOS デバイスで実施、古いメールアカウントを手動でデバイスから削除してください。

  1. [設定] - [メール/連絡先/カレンダー] をタップしてください。
  2. メールアカウントのリストから重複しているメールアカウントを確認してください。

    注意:

    Enterprise Activation プロファイルによって追加されたメールアカウントを確認してください。
    また、重複しているメールアカウントから [アカウントを削除] オプションが表示されるアカウントを確認してください。
    最新のメールアカウントは、EnterpriseActivation プロファイルによって [アカウントを削除] オプションが表示されません。

  3. 重複している削除可能なメールアカウントを削除してください。

以前のドキュメント ID

EMM13030801

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.