Loading...

ナレッジセンター


不正中継対策リストの重複について
技術的な記事 ID:  KB80462
最終更新:  2014/02/13

概要

問題

Email and Web Security Appliance (以下EWS) または McAfee Email Gateway (以下MEG) の不正中継対策リストには以下のような問題がございます。
該当の設定項目:[電子メールの構成] - [電子メールの受信] - [不正中継対策の設定] - [電子メール中継] - [アプライアンスが電子メールを許可または拒否するためのドメイン]
1)  10進表記のサブネットマスクを持つネットワークアドレスの重複が許可されます。
2)  10進表記とCIDR表記で同じ意味を示すネットワークアドレスの登録が許可されます。

解決策

これらの問題は動作に直接的な影響は及ぼしません。それぞれの問題に対する解決策は以下の通りです。

1)  この問題はMcAfee Email Gateway v7.0.3(Patch3)で修正されています。
McAfee Email Gateway v7.0 Patch3以降では下図のように入力が拒否されるよう修正されます。

2)  この問題は文字列チェックの仕様です。10進表記とCIDR表記のサブネットマスクを持つネットワークアドレスは意味は同じですが、文字列としては異なるため登録が許可されます。

以前のドキュメント ID

EW513040901

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


Email & Web Security 5.6

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.