Loading...

ナレッジセンター


Fail-Open Kitが接続されている状態でアプライアンスの再起動を行った場合に起動が途中で停止する
技術的な記事 ID:  KB80467
最終更新:  2014/02/14

概要

問題の詳細
 

Fail-Open Kitが接続されている状態で、BIOSでConsole Redirectionが無効になっているアプライアンスの再起動を行った場合にConsole Redirectionが有効になってしまいます。その結果として以下の問題が発生し、アプライアンスの起動が途中で停止します。

KB80497: FailOpen Kitを接続した状態でIntel製アプライアンスの起動が途中で停止する。

解決策

本問題はPatch5にて修正されています。
Patchは製品ダウンロードサイトよりダウンロードして適用してください。
インストール手順はKB80525: パッケージ(Patch等)インストール手順をご参照ください。

以前のドキュメント ID

EW513031101

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


Email & Web Security 5.6

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.