Loading...

ナレッジセンター


ハードディスク(HDD)障害をソフトウェアで検知、通知する方法
技術的な記事 ID:  KB80487
最終更新:  2014/02/13

概要

【対象製品】

Email and Web Security 5.6

【対象モデル】

Model 3200
Model 3300
Model 3400

【問題の詳細】

ハードディスクの障害発生時に、Emailand Web Security(以下EWS) 5.6 からソフトウェア側で警告することが可能です。
本Q&A では警告手順について解説します。

EWS 5.6では以下の3種類の手順があります。
お客様の環境に応じて、必要な設定を行ってください。

電子メールによる通知
  1. アプライアンスのWebコンソールにアクセスします。
  2. [システム] – [ログ、アラート、および SNMP] – [電子メール アラート] にアクセスします。
  3. [電子メール アラートを有効にする] を有効にします。
  4. [システム ログ イベント] を有効にします。
    ※他の不要なイベント(ユーザインターフェースイベント等)があれば[ログ、アラート、および SNMP] –[ログ構成]より無効にします。
  5. [アラート設定] の箇所で、[送信者名]、[送信者電子メールアドレス]、[件名]、[電子メールアラート受信者] を設定します。

    ハードディスクのイベントが発生すると以下のようなメッセージが通知されます。

<障害発生時>


RAID ディスクの状態が変わりました. RAID ディスクは劣化しています. 

Computer: host名
IP Address: IPアドレス
Subsystem: diskmonitor

Message generated by McAfee Email and Web Security


<復旧時>


RAID ディスクの状態が変わりました. RAID ディスクは最適な状態です. 

Computer: host名
IP Address: IPアドレス
Subsystem: diskmonitor

Message generated by McAfee Email and Web Security


SNMPによる通知
  1. アプライアンスの Web コンソールにアクセスします。
  2. [システム] – [ログ、アラート、および SNMP] – [SNMP アラート設定] にアクセスします。
  3. [SNMP アラートの有効化] を有効にします。
  4. [システム ログ イベント] を有効にします。
    ※他の不要なイベント(ユーザインターフェースイベント等)があれば[ログ、アラート、および SNMP] –[ログ構成]より無効にします。
  5. [トラップ マネージャ設定] の箇所で、[トラップ マネージャ]、[コミュニティ名]、[プロトコル バージョン] を設定します。
  6. ハードディスクのイベントが発生すると以下のような SNMP トラップが通知されます。

<障害発生時>


TRAP種別 = OID: scmDebugLogEvent
scmEventHost = STRING: "host名 (IPアドレス)"
scmEventDateTime = STRING: "yyyy-mm-dd hh:mm:ss UTC"
scmTrapObjects.6 = STRING: " yyyy-mm-dd hh:mm:ss JST"
scmEventID = INTEGER: eventDISKSTATUSCHANGE(210004)
scmEventReason = INTEGER: reasonDiskDegraded(337)

<復旧時>


TRAP種別 = OID: scmDebugLogEvent
scmEventHost = STRING: "host名 (IPアドレス)"
scmEventDateTime = STRING: "yyyy-mm-dd hh:mm:ss UTC"
scmTrapObjects.6 = STRING: " yyyy-mm-dd hh:mm:ss JST"
scmEventID = INTEGER: eventDISKSTATUSCHANGE(210004)
scmEventReason = INTEGER: reasonDiskOptimal(336)
レポートでの確認
  1. アプライアンスの Web コンソールにアクセスします。
  2. [レポート] – [システムレポート] – [詳細表示] を確認します。
  3. 画面右にある [フィルタ] から [イベントタイプ] を [ハードウェア] に設定し、[適用] をクリックします。

    ハードディスクの状態に変化があった場合、以下のようなイベントが記録されています。

<障害発生時>


イベント: RAID ディスクの状態が変わりました
理由: RAID ディスクは劣化しています
コンテキスト: diskmonitor

<復旧時>


イベント: RAID ディスクの状態が変わりました
理由: RAID ディスクは最適な状態です
コンテキスト: diskmonitor

以前のドキュメント ID

EW512070201

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


Email & Web Security 5.6

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.