Loading...

ナレッジセンター


「0.0.0.0 442 No delivery mechanism available」という理由でメール配送が遅延する。
技術的な記事 ID:  KB80489
最終更新:  2014/02/13

概要

【環境】
 

McAfee Email and Web Security v5.6
McAfee Email Gateway v7.0

【問題の詳細】

以下の理由にてメールの配送が出来ず、配送が遅延する場合があります。

0.0.0.0  442 No delivery mechanism available.

【原因】

以下のメール配送設定にて一つのドメインに対して複数のIPアドレスを設定した場合、設定情報の一部が破損してしまうことが原因です。

「電子メール」→「電子メールの構成」→「電子メールの送信」→「電子メールの配信」→「既知のドメインとリレーホスト」

【解決策】

本問題は下記Patchにてそれぞれ修正されています。

Email and Web Security v5.6 Patch 3
McAfee Email Gateway v7.0 Patch 1 (v7.0.1)

事象が発生した場合、アプライアンスは該当のメールの再送を試みますが、ライフタイムを超えた場合にはそのメールをバウンスします。
またそれに伴い配信される非配信レポート(NDR)も同様にバウンスしますので、早急にPatchを適用してください。

Patchは製品ダウンロードサイトより入手して頂けます様お願いいたします。
また、Patchのインストール手順はKB80525をご参照ください。

以前のドキュメント ID

EW512052401

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


Email & Web Security 5.6

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.