Loading...

ナレッジセンター


クラスタ構成にてドメインリレーを使用した際のメールが誤ってバウンスする。(0.0.0.0 442 No delivery mechanism available )
技術的な記事 ID:  KB80490
最終更新:  2014/02/13

概要

【環境】
 

McAfee Email and Web Security v5.6

【問題の詳細】

クラスタ構成にて電子メールの配信でドメインリレー(既知のドメインとリレーホスト)を設定している場合、メールが誤ってバウンスする場合があります。
メッセージ検索には以下のエラーにてメールがバウンスしたと表示されます。

0.0.0.0 442 No delivery mechanism available.

【原因】

クラスタ構成のマスター機を再起動した際に、内部のドメインリレーに関するファイルの一部にミスマッチが発生する場合があります。
その後、DAT更新等でSMTPプロキシが再起動するとこのミスマッチにより、メールがバウンスします。
メールのバウンスが発生するのはマスター機、フェールオーバー機のいずれでも発生する可能性があります。

【解決策】

本問題はEmail and Web Security 5.6 Patch 2にて修正されています。

Patchは製品ダウンロードサイトより入手して頂けます様お願いいたします。
また、Patchのインストール手順はKB80525をご参照ください。

以前のドキュメント ID

EW512052201

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


Email & Web Security 5.6

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.