Loading...

ナレッジセンター


ネットワークインターフェースカードのポートアサインがLAN1とLAN2が逆になってしまう問題
技術的な記事 ID:  KB80537
最終更新:  2014/02/13

概要

問題の詳細

一部の新ハードウェアに以下のEmail and Web Security ApplianceのISOイメージ(下記「対象ソフトウェアバージョン」を参照)をインストールするとネットワークインターフェースカードのポートアサインがLAN1とLAN2で逆になってしまう問題がございます。

■対象プラットフォーム
3000/3100

■対象ハードウェアSKU
EWS-3000-BA
EWS-3100-BA
EWS-3100-B-FOA

■対象ソフトウェアバージョン
Email and Web Security Software 5.5 Patch 3 ISOイメージ(Build 1660.114以前のBuildバージョン)
Email and Web Security Software 5.6 ISOイメージ(Build 1741.115)

回避策

<Email and Web Security Software 5.5>
Email and Web Security Software 5.5 Patch 3 ISOイメージ(Build 1660.119)にて再インストールしてください。

<Email and Web Security Software 5.6>
v5.6 Patch 1にて修正されておりますので以下のいずれかの対応をお願いします。

  • v5.6 Patch 1を適用
  • Email and Web Security Software 5.6 Patch 1 ISOイメージ(Build 1820.115)にて再インストール

※注意
Patchを適用していないv5.6でご運用中の環境にPatch1を適用すると、アプライアンスの再起動後NICのIPアドレスのアサインが変更されます。
大変お手数ではございますが、LANケーブルの差し替えを行っていただきますようお願いいたします。

以前のドキュメント ID

EW511011301

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


Email & Web Security 5.6

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.