Loading...

ナレッジセンター


McAfee Security for Lotus Domino 7.5 Patch 1のインストールに失敗する(エラー:対象ファイルは使用中です。:行:2507)
技術的な記事 ID:  KB80610
最終更新:  2014/02/13

概要

問題の詳細

McAfee Security for Lotus Domino 7.5 Patch 1 のインストール時に、稀に下記のエラー内容にて失敗する場合があります。
このエラーは、Patch1 インストーラ実行時に作成される、SuperDAT.log に記録されます。

YYYY/MM/DD hh:mm  Administrator ComputerName [HF Script]Done backing up PostgreSQL Data.
YYYY/MM/DD hh:mm  Administrator ComputerName [HF Script]Inside function RestoreDefaultAlertsXMLFiles
YYYY/MM/DD hh:mm  Administrator ComputerName [HF Script]The HF does not require CSE to be backed up hence not doing anything
YYYY/MM/DD hh:mm  Administrator ComputerName [HF Script]Moving the defaultalerts_xx.xml as the HF is not installed.
YYYY/MM/DD hh:mm  Administrator ComputerName削除しています...C:\DOCUME~1\ADMINI~1\LOCALS~1\Temp\1\NAI22.tmp
YYYY/MM/DD hh:mm  Administrator ComputerName削除しています...C:\DOCUME~1\ADMINI~1\LOCALS~1\Temp\1\2DAC
YYYY/MM/DD hh:mm  Administrator ComputerNameエラー: 対象ファイルは使用中です。 : 行: 2507
YYYY/MM/DD hh:mm  Administrator ComputerName更新プロセスに失敗しました。

原因

Defaultalerts_xx.xml ファイルの置換に失敗しています。

解決策

下記のファイルを、eService フォルダから削除もしくは移動してから、Patch 1 をインストールします。

  • DefaultAlerts_de.xml
  • DefaultAlerts_en.xml
  • DefaultAlerts_es.xml
  • DefaultAlerts_fr.xml
  • DefaultAlerts_ja.xml
  • Defaultalerts.xml

32bit OS の場合

デフォルトでは、下記のフォルダにあります。
C:\Program Files\McAfee\Security for Lotus Domino\bin\eService

64bit OSの場合

デフォルトでは、下記のフォルダにあります。
C:\Program Files(x86)\McAfee\Security for Lotus Domino\bin\eService

以前のドキュメント ID

GD12050101

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


Security for Lotus Domino 7.5

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.