Loading...

ナレッジセンター


VSE8.x での Security for Lotus Domino 7.5 with Anti-Spam add-on のための除外設定
技術的な記事 ID:  KB80614
最終更新:  2014/02/13

概要

問題の詳細

この文書では、VirusScan Enterprise 8.x (以降VSE と記載) とSecurity for Lotus Domino 7.5 (以降MSDW と記載) をインストール時に、必要なVSEでの除外設定について説明します。

VSEで必要とされる除外のクイック・リファレンス

アプリケーション VSEでの除外設定例 除外タイプ 除外パスのデフォルト
Security for Lotus Domino 7.5 + Anti-Spam add-on **\bin\Temp\ Folder 32bit
C:\Program Files\McAfee\Security for Lotus Domino\Bin\Temp\
64bit
C:\Program Files(x86)\McAfee\Security for Lotus Domino\Bin\Temp\
Security for Lotus Domino 7.5 + Anti-Spam add-on **\Config\ Folder 32bit
C:\Program Files\McAfee\Security for Lotus Domino\Config\
64bit
C:\Program Files(x86)\McAfee\Security for Lotus Domino\Config\
Security for Lotus Domino 7.5 + Anti-Spam add-on **\MSDWData\ Folder 32bit
C:\Program Files\McAfee\Security for Lotus Domino\Data\MSDWData\
64bit
C:\Program Files\McAfee\Security for Lotus Domino\Data\MSDWData\
Security for Lotus Domino 7.5 + Anti-Spam add-on **\Temp\mfe\ Folder C:\WINDOWS\Temp\mfe\
IBM Lotus Domino 8.5.x *.NLO File ..\Notes\Data\DAOS\0001\
IBM Lotus Domino
(R6 / R7 / R8)
<Drive:>\<path>\<Database>\ <Drive:>\<path>\ File Folder ..\<Transaction_Logging\Database>\
..\<Transaction_Logging>\
IBM Lotus Domino
(R6 / R7 / R8)
*\Domino\Data\ Folder ..\Lotus\Domino\Data\
IBM Lotus Domino (R6 / R7 /R8) **\NOTES*\** Folder %TEMP%\Notes######\
ePolicy Orchestrator Agent SYSTEM folder: **\Common Framework\ Folder 32bit
C:\Program Files\McAfee\Common Framework\
64bit
C:\Program Files(x86)\McAfee\Common Framework\
ePolicy Orchestrator Agent DATA folder: Windows 2003 C:\Documents and Settings\*\McAfee\Common Framework\ Windows 2008 C:\ProgramData\McAfee\Common Framework\ Folder Windows2003
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\McAfee\Common Framework\
Windows2008
C:\ProgramData\McAfee\Common Framework\

※ <Drive:> は実際のドライブレターに置き換えてください。
※ <path>、<Database> などのフォルダ名は、実際のフォルダ名に置き換えてください。

除外の概要

Security for Lotus Domino 7.5 and Anti-Spam add-on (Temporary Directory)

アプリケーション Security for Lotus Domino 7.5 and Anti-Spam add-on
除外 **\bin\Temp\
デフォルト パス 32bit
C:\Program Files\McAfee\Security for Lotus Domino\Bin\Temp\
64bit
C:\Program Files(x86)\McAfee\Security for Lotus Domino\Bin\Temp\
詳細 MSDW 7.5のワークフォルダ

Security for Lotus Domino 7.5 and Anti-Spam add-on (Config Directory)

アプリケーション Security for Lotus Domino 7.5 and Anti-Spam add-on
除外 **\Config\
デフォルト パス 32bit
C:\Program Files\McAfee\Security for Lotus Domino\Config\
64bit
C:\Program Files(x86)\McAfee\Security for Lotus Domino\Config\
詳細 MSDW 7.5 のコンフィグフォルダ

Security for Lotus Domino 7.5 and Anti-Spam add-on (Quarantine Directory)

アプリケーション Security for Lotus Domino 7.5 and Anti-Spam add-on
除外 **\MSDWData\
デフォルト パス 32bit
C:\Program Files\McAfee\Security for Lotus Domino\Data\MSDWData\
64bit
C:\Program Files\McAfee\Security for Lotus Domino\Data\MSDWData\
詳細 McAfee Quarantine Manager がインストールされていない場合の、MSDWの隔離フォルダのパスです。
重要:
MSDW製品コンフィグレーションを用いて、隔離ディレクトリのデフォルトのパスが変更されている場合、そこで指定したフォルダを除外設定してください。

IBM Lotus Domino (Transaction Logging Directory\<File>)

アプリケーション IBM Lotus Domino (R6 / R7 / R8)
除外 <Drive:>\<Folder_Name>\
デフォルト パス N/A
詳細 重要:
トランザクションロギングは、Domino データフォルダに指定されるべきではありません。 IBM 社はパフォーマンスへの影響を回避するために、フォルダを別の物理ドライブに作成することを推奨しています。
トランザクションロギングが有効になっているか確認するには、Dominoサーバー上のNOTES.INI ファイルで以下の記載を確認します。
TRANSLOG_Status=1
TRANSLOG_Path=<x:Path_To_Log_Database>

IBM Lotus Domino R6, R7 and R8 (Data Directory)

アプリケーション IBM Lotus Domino (R6 / R7 / R8)
除外 *\Domino\Data\
デフォルト パス C:\Lotus\Domino\Data\
詳細 Domino データベースが保存されているデータフォルダです。実行可能な形式のファイルはこのフォルダには存在しません。また、すべてのDomino データベースは、MSDW オンアクセスデータベーススキャナによって、保護されます。このフォルダ内のVSEでのスキャンは必要としません。このフォルダは、デスクトップウイルス対策ソフトウェアのオンアクセススキャンとオンデマンドスキャンから除外されなければなりません。

IBM Lotus Domino on R6, R7 and R8 (Temporary folder)

アプリケーション IBM Lotus Domino (R6 / R7 /R8)
除外 **\NOTES*\**
デフォルト パス %TEMP%\Notes######
Dominoサーバーがアプリケーションとして開始している場合、もしくはSystem 以外のアカウントで開始されている場合は、以下のフォルダになります。
\Document And Settings\<UserProfile>\Local Settings\Temp\Notes######\
詳細

Lotus Domino R6/R7の一時フォルダ。
デフォルトでは、Lotus Domino R6 / R7 / R8 サーバが再起動される毎に、一時フォルダは「NOTES#####」(##### の箇所はランダムの16進数値)が新規に再作成されます。

解決策1
ワイルドカードを用いて、以下のようにVSEの除外設定をします。
**\NOTES*\**

解決策2
NOTES.INI を編集し、一時ファイルの場所として以下のような固定されたパスを設定します。
NOTES_TEMPDIR=c:\TempDomino

ePO / MA SYSTEM folder

アプリケーション ePolicy Orchestrator (ePO) / McAfee Agent (MA)
除外 **\Common Framework\
デフォルト パス 32bit
C:\Program Files\McAfee\Common Framework\
64bit
C:\Program Files(x86)\McAfee\Common Framework\
詳細 ePOエージェントがインストールされている場合に設定してください。
このフォルダはエージェントバージョン、アップグレードパスによって変わります。
このフォルダを確認するために、naPrdMgr.exe ファイルを検索してください。

ePO 4.x / MA DATA directory

アプリケーション ePolicy Orchestrator (ePO) / McAfee Agent (MA)
除外 C:\Documents and Settings\*\McAfee\Common Framework
デフォルト パス Windows2003
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\McAfee\Common Framework\
Windows2008
C:\ProgramData\McAfee\Common Framework\
詳細 MA は多くのMcAfee 製品のアップデート機能を管理します。

以前のドキュメント ID

GD11101801

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


Security for Lotus Domino 7.5

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.