Loading...

ナレッジセンター


GSE 7.0.2 のRollup2 適用時の注意事項について
技術的な記事 ID:  KB80626
最終更新:  2014/02/13

概要

問題の詳細

本文書では、GSE 7.0.2 のRollup2 適用時の注意事項を説明いたします。

  • PostgresSQLバージョンが8.4.7にアップグレードされます。この新しいPostgresSQLデータベースが作成され、インストールされます。
  • 古いデータベースフォルダはリネームされてバックアップされます。
  • 古いデータベースは、GroupShield for Exchangeからの使用アクセスはできません。
  • 古いデータベース内の隔離アイテムは、利用できません。
  • Rollup2のスタンドアロンインストールにおいて、GroupShield のプロセスがロックされる場合、コンピュータにRollup2のファイルを置換するためにリブートをうながすダイアログが表示されます。
  • ePO経由でのRollup2のインストールにおいて、GroupShield のプロセスがロックされている場合、コンピュータの再起動は自動的に行われます。
  • GroupShield プロセスがRollup2のインストール中にロックされていて、コンピュータがリブートされたあと、SDATExtn.exe 4.1.2454 は、bin ディレクトリに残ります。

これらの内容は、GSE7SP2ROLLUP2.zip に含まれる、readmeの「IMPORTANT NOTES FOR THIS RELEASE」の項目で説明されています。

以前のドキュメント ID

GE11071301

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.