Loading...

ナレッジセンター


GroupShield 7.0 for Exchangeをインストールすると起動されるプロセス/サービスについて
技術的な記事 ID:  KB80629
最終更新:  2014/02/13

概要

本ドキュメントではGroupShield 7.0 for Exchange をインストールすると、開始されるプロセス/サービスについて説明いたします

システム環境

McAfee GroupShield 7.0 for Microsoft Exchange
Microsoft Windows 2008
Microsoft Windows 2003 (32-bit)
Microsoft Windows 2003 (62-bit)
Microsoft Exchange 2007 (64-bit)
Microsoft Exchange 2003

GroupShield 7.0 for Exchangeがサポートするオペレーションシステム情報については問題番号 GE09040101を参照ください。

Windows 2003 32-bit オペレーティングシステム

プロセス/サービス 内容

Safeservice.exe

McAfee GroupShield サービス

RPCServ.exe

スキャナ(x2)

Postmaster.exe

PostgressSQL Database Backend

Postgres.exe

いくつかのエントリが存在します

TBMon.exe

エラーレポーティングサービス

dllhost.exe

User Junk folder router running then dllhost.exe with Username GSH_<Servername>

Standaloneui.exe.

コンソールプロセス(コンソールを開くと起動します)

Suservice.exe

ストリーミングアップデートサービス(ストリーミングアップデート機能を有効にしている場合にのみ起動します)

Windows 2003/2008 64-bit オペレーティングシステム

プロセス/サービス 内容

Safeservice*32.exe

McAfee GroupShield サービス

RPCServ.exe

スキャナ(x 2)

Postmaster.exe

PostgressSQL Database Backend

Postgres.exe

いくつかのエントリが存在します

TBMon*32.exe

エラーレポーティングサービス

dllhost.exe

User Junk folder router running then dllhost.exe with Username GSH_<Servername>

Standaloneui.exe.

コンソールプロセス(コンソールを開くと起動時します)

Suservice.exe

ストリーミングアップデートサービス(ストリーミングアップデート機能を有効にしている場合にのみ起動します).

以前のドキュメント ID

GE11032901

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.