Loading...

ナレッジセンター


特定のアプリケーションを起動するとWeb認証ポップアップが表示される。
技術的な記事 ID:  KB80690
最終更新:  2014/02/14

概要

問題:
 

ブラウザ起動後のWeb認証が完了しているにも関わらず、特定のアプリケーションの起動時に認証ポップアップが表示される。

発生環境:
  • Mcafee Web Gateway(以下 MWG)でのWeb認証機能を利用している。
対象のアプリケーション:
  • iTunes
  • Windows Media Player

※上記は現在までに報告のあったアプリケーションです。
  上記以外のアプリケーションにおいてもアプリケーションの動作仕様により、認証に失敗する場合には、本Q&Aの対応をして頂く必要があります。

原因:

すべてのアプリケーションの動作について記載することは困難な為、本Q&AではiTunesでの動作について説明致します。

iTunesを起動すると、iTunesはApple社のサイト(iTunes Store等)に対して、HTTPリクエストを送信します。
その際のリクエストには認証情報を含むProxy-Authorizationヘッダを含みません。
その為、MWGはクライアントに対して認証の要求が必要であることを示す HTTP/407 Auth Required を返し、認証ポップアップが表示されます。
この動作はアプリケーションに依存した動作となります。

その他のアプリケーションの動作の詳細に関しては各アプリケーションの製造元へご確認ください。

回避策:

以下のいずれかの方法でご対応ください。

回避策1:

ポップアップが表示された場合にはユーザー名とパスワードを再度入力する。

回避策2:

特定のアプリケーションについて認証を回避する為のUser-Agentルールを作成する。ルールの作成手順は以下となります。

  1. MWGのGUIにログインし、 [Policy] – [Lists] タブに移動します。
  2. 以下の内容のListを追加します。

    Name:  任意の名前 (例:Allowed User-Agents)
    Type:   Wildcard Expression

  3. 作成したListsに以下の認証を回避させるアプリケーションのUser-Agent名を追加します。

    例)
    iTunes: iTunes*
    Windows Media Player:  NSPlayer*

  4. [Policy] – [Rule Sets] タブに移動します。
  5. 設定している認証ルールセットに移動します。(例:Direct Proxy Authentication and Authorization)
  6. 以下のルールを作成します。
    1. 任意の名前のルールを作成します。(例:Allowed User-Agents)
    2. 以下の内容でRule Criteriaを設定します。
      Property: Header.Request.Get (String)
      Parameter Value: User-Agent
      Selected Operator: matches in List
      Compare with: List
      選択するList: 手順2で作成したList
    3. Actionは「Stop Rule sets」を選択します。

※ルール作成手順は下記Q&Aをご参照ください。
KB80746:McAfee Web Gateway 7.xのルールセット作成手順

本記事作成時の最新リリースバージョン:Main Release 7.2.0.8(14873)

以前のドキュメント ID

WG13041102

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.