Loading...

ナレッジセンター


SSL Scanner 利用時にブラウザで証明書のエラーが発生する
技術的な記事 ID:  KB80713
最終更新:  2014/02/13

概要

問題の詳細

SSL ScannerなどHTTPS通信をMcAfee Web Gateway(以下MWG)が代理で行う場合、実際のサーバから発行された証明書ではなく、MWGが発行したサーバ証明書がクライアントに送られます。
このとき、クライアントブラウザでMWGが発行する証明書が信頼されていないため、証明書のエラーが発生することがあります。

解決策

クライアント側にMWGの発行する証明書を信頼させるため、以下の手順で信頼されたルート証明機関としてMWGのCA証明書をインポートする必要があります。

1. MWGに格納されたCA証明書のダウンロード

Policy > Settings > SSL Client Context withCA > Default CA > Export ボタンで証明書をエクスポートします。
エクスポートした証明書をファイルに保存します。

例では「webgateway.der」として保存しています。

2. エクスポートした証明書を信頼できる認証局としてインストールする(FireFox)

ツール > オプション > 詳細 > 暗号化 > 証明書を表示 ボタンを押して証明書マネージャを開きます。

認証局証明書タブのインポートボタンをクリックし「1. MWGに格納されたCA証明書のダウンロード」で保存した証明書ファイルを選択します。

証明書がインポートされたことを確認してください。

3. エクスポートした証明書を信頼できる認証局としてインストールする(Internet Explorer)

ツール>インターネットオプション>コンテンツタブの証明書ボタンを押します。

証明書の一覧が表示されますので信頼されたルート証明機関タブでインポートボタンを押します。

証明書のインポートウィザードが表示されますので、参照ボタンで「1. MWGに格納されたCA証明書のダウンロード」で保存した証明書ファイルを選択します。

「信頼されたルート証明機関」にストアされることを確認して「次へ」を押してください。

インポートの完了を確認して完了ボタンを押してください。

証明書がインポートされますと、以下のように完了を通知するダイアログが表示されますので、証明書の一覧で、インポートした証明書が表示されていることを確認してください。

※ブラウザへの証明書のインポート手順は参考手順です。詳細は各ブラウザの開発元にご確認下さい。
※バージョン 6.x での手順はこちら(問題番号:WG10080302)です

本記事作成時の最新リリースバージョン: 7.2.0.1.0(13253)

以前のドキュメント ID

WG12071301

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.