Loading...

ナレッジセンター


Web Reporter管理画面へのHTTPアクセスを無効にする方法
技術的な記事 ID:  KB80716
最終更新:  2014/02/13

概要

Web ReporterのGUI管理画面は、デフォルトで9111ポート(HTTP)と、9112ポート(HTTPS)の両方でアクセスが可能となっております。セキュリティ強化のため、HTTPSのみに限定したい場合は、下記の手順でHTTPアクセスを無効にすることができます。

解決策
  1. 以下の手順でWeb Reporterのサービスを停止します。

    (Windows)
    コントロールパネル -> 管理ツール -> サービス
    “McAfee Web Reporter Server”を選択し、“サービスの停止”を行います。

    (Linux)
    コンソールから以下のコマンドを実施し、サービスの停止を行います。
    # /etc/init.d/webreporter_control stop

  2. 以下のディレクトリに移動します。
    ※下記はデフォルトのインストールパスです。

    (Windows)
    C:\Program Files\McAfee\Web Reporter\reporter\jboss\server\default\deploy\jboss-web.deployer

    (Linux)
    /opt/McAfee/WebReporter/reporter/jboss/server/default/deploy/jboss-web.deployer

  3. server.xmlを開き、下記のように9111ポートの記載箇所をコメントします。
    <!--
        <Connector port="9111" address="${jboss.bind.address}"   
             maxThreads="250" maxHttpHeaderSize="8192"
             emptySessionPath="true" protocol="HTTP/1.1"
             enableLookups="false" redirectPort="9112" acceptCount="100"
             connectionTimeout="120000" disableUploadTimeout="true" />
    -->

    ※「<!--」と「-->」で囲みコメントアウトします。

  4. ファイルを保存し、以下の手順でWeb Reporterのサービスを開始します。

    (Windows)
    コントロールパネル -> 管理ツール -> サービス
    “McAfee Web Reporter Server”を選択し、“サービスの開始”を行います。

    (Linux)
    コンソールから以下のコマンドを実施し、サービスの開始を行います。
    # /etc/init.d/webreporter_control start

上記の設定変更後、GUI管理画面へのアクセスは、HTTPS接続のみが許可されるようになります

以前のドキュメント ID

WG12062901

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.