Loading...

ナレッジセンター


McAfee Web Gateway v7.xのアップグレード手順
技術的な記事 ID:  KB80760
最終更新:  2014/02/14

概要

問題の詳細

McAfee Web Gateway バージョン7では、以下の手順により、最新バージョンへとアップグレードをすることができます。

解決策

<ベータバージョンの削除>

※ベータバージョンを使用している場合は、最新バージョンをインストールする前に、削除する必要があります。

  1. CLIコンソールへログインします。
  2. 以下のコマンドにて削除を実行します。
    # yum clean all
    # yum remove yumconf-beta

<アップグレード手順>

※アップグレードはGUIとCLIのどちらの手順でも実行可能です。

■GUIからのアップグレード手順

  1. GUI管理画面へログインします。
  2. Configuration > Appliances > 機器名(ホスト名)を選択し、Update appliance softwareをクリックすると、管理画面のログアウトを促すポップアップが現れますので、Logout and start updateをクリックします。
  3. アップデートが開始されます。アップグレードが終了したら、下部にあるLogin Pageをクリックし、GUI管理画面へログインします。
  4. Configuration > Appliances > 機器名(ホスト名)をクリックし、Rebootをクリックします

■CLIからのアップグレード手順

  1. CLIコンソールへログインします。
  2. 以下のコマンドにてアップグレードを実行します。
    # yum upgrade yum yumconf\*
    # yum upgrade

    途中選択肢が表示されたら“y”を投入します。
  3. アップグレードが開始されます。 アップグレードが完了したら、以下のコマンドにてリブートを実行します
    # reboot

以前のドキュメント ID

WG11120701

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.