Loading...

ナレッジセンター


Web Protection の Category Filtering について
技術的な記事 ID:  KB80789
最終更新:  2014/02/13

概要

問題の詳細:
 

Global Threat Intelligence (GTI) Web Categorization ではURL、ドメイン、IPアドレス、DNSサーバー等の情報を解析、分類しています。

Category Filtering ではこの分類結果を利用し、Webサイトへのアクセスを許可、拒否する機能を提供しています。

本Q&Aでは、Category Filtering を有効にする手順、Category Filtering の各設定項目の説明、および、Webサイトのカテゴリを確認する方法について解説します。

1. Category Filteringを有効にする手順
  1. Customer Admin 権限のユーザでControl Console にログインします。
    Control Console にログインすると、下記の画面が表示されます。
  2. Web Protection > Policies にアクセスし、ポリシーをダブルクリックします。
    ※ ここでは Default Web Policies を選択しています。


     
  3. Categoryタブを選択します。
  4. Enable Category Filtering にチェックを入れます。
  5. Save を押し、設定を保存します。
2. Category Filteringの各設定項目について
  • Enable Safe Search: Safe Search 機能を有効にするかどうか選択します。
    ※ Safe Search とは複数のサーチエンジンを利用して、検索結果からアダルトコンテンツを排除する機能です。検索結果をサーチエンジンから得ているため Web Protection 側で修正が行えません。
  • Enable Category Filtering:  Category Filtering 機能を有効にするかどうか選択します。
  • Trusted Sites: Category Filter Bypass (X Sites): Category Filter のスキャン対象から除外したい、ドメイン名とIPを設定します。


    1. Trusted Sites: Category Filter Bypass (X Sites) をクリックすると、下記のように入力が可能になります。
       
    2. New をクリックすると、入力用のテキストフォームが表示されます。ここでは www.mcafee.com を追加しています。
       
    3. 追加後、Save をクリックすると、設定が保存されます。
  • Category: Category Filtering にてアクセスを制限するURL Categoryを選択します。
    Allow が許可、Denyが拒否です。
    ※ URL Category の確認方法は、3. Webサイトのカテゴリを確認する方法 をご確認ください。


     
3. Webサイトのカテゴリを確認する方法
  1. TrustedSourceTM  <http://trustedsource.org> にアクセスします。
  2. Feedback タブ > Check Single URL をクリックします。


     
  3. Please select the product you are using. … ” 以下のプルダウンから McAfee SaaS Web Reputation を選択します。
  4. Please type in a URL to look up the categorization.” のテキストボックスにカテゴリを確認したいURLを入力します。
    ※ ここでは http://www.mcafee.com を入力しています。
  5. Check URL をクリックします。
  6. Categorization in URL Filter database version ‘xxxxxxx’ Categorization 欄を確認します。
    ‘xxxxxxx’ は URL Filter のdatabase のバージョンです。
    ※ カテゴリ の変更、追加をされたい場合は、下記のQ&Aに沿って依頼をお願いします。
    KB80753: URLフィルタリングカテゴリ、レピュテーション結果の変更依頼

以前のドキュメント ID

MX12121302

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


SaaS Web Protection 1.0

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.