Loading...

ナレッジセンター


Control Console にログインする手順
技術的な記事 ID:  KB80798
最終更新:  2014/02/13

概要

問題の詳細:

SaaS Email/Web Protectionのセットアップ、ユーザの管理、ポリシーの設定、隔離メールの閲覧、レポートの設定ならびに確認等は Control Console というWebコンソールを通じて行います。
ここでは、Control Console へのログインの方法について解説します。

※ ログインに使用するユーザの作成方法は下記のQ&Aを参照ください。

  • Customer Admin 権限のユーザを作成する手順 : 管理権限を持つユーザを作成する手順です。
  • Users 権限のユーザを作成する手順: ユーザを作成する手順です。
手順:
  1. Control Console へアクセスします。
    ※Control Console のログインURLは https://portal.mcafeesaas.comです。



    日本語 でログインする場合は、Language のプルダウンから Japanese – 日本語 を選択します。
    英語でログインする場合は、Language のプルダウンから English を選択します。
  2. ユーザの 電子メールアドレス パスワード を入力し、サインイン をクリックします。
    Language English の場合は、Email AddressPasswordを入力し、Sign In をクリックします。
  3. 初めてログインする際には、下記のようなSecurity Questions (秘密の質問) を作成する画面が表示されます。
    ※ 秘密の質問はパスワードを忘れたときにControl Consoleへログインする際に必要な情報です。

    秘密の質問の表示は作成したユーザの Language によって異なります。ここでは、 Language が EnglishJapanese - 日本語 の場合の秘密の質問の設定方法を示します。

    Languages English の場合

    1. Security Questions プルダウンから秘密の質問を選択します。
    2. Security Answer に秘密の質問の回答を入力します。
    3. OK をクリックします。

    Language “Japanese – 日本語の場合

    1. セキュリティの質問 プルダウンから秘密の質問を選択します。
    2. セキュリティアンサー に秘密の質問の回答を入力します。
    3. OK をクリックします。
  4. ログインが完了しました。

  • Users以外の権限を持つユーザでログインした場合、電子メールアドレスとユーザの権限 がControl Console右上に表示されます。
  • Users ユーザ権限を持つユーザでログインした場合、電子メールアドレス がControl Console右上に表示されます。

以前のドキュメント ID

MX12100401

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.