Loading...

ナレッジセンター


アクティベーション手順
技術的な記事 ID:  KB80799
最終更新:  2014/02/13

概要

問題の詳細:

SaaS Email/Web Protection をご契約後、サービスを利用するには、SaaS Endpoint Protection の SecurityCenter からアクティベーションを行う必要があります。アクティベーションとは、お客様の会社情報、ドメイン情報、管理者の電子メールアドレスを、SaaS Email/Web Protection を管理するControl Console に登録する作業です。

※ アクティベーションでControlConsole に登録する情報は以下の通りです。

  • アカウント登録画面の プライマリドメイン名 で登録した、電子メールアドレスのドメイン
  • 管理者の電子メールアドレス
  • SecurityCenter の お客様情報住所 および メイン担当者情報
    お客様情報マイアカウント - プロフィールの更新 で確認することが可能です。

このQ&Aでは、アクティベーション手順を解説します。

手順:
  1. SaaS Endpoint Protection のSecurityCenter へアクセスします。
  2. ご契約内容確認書 に記載されている、電子メールアドレスとパスワードを入力し、ログインします。
    Activation_SCログイン画面.PNG
  3. ダッシュボード タブに移動し、以下の項目内のリンクを選択します。
    • Email Protection を利用する場合:  [SaaS型電子メール保護の7日間のトラフィック傾向]
    • Email Protection と Web Protection を利用する場合:  [SaaS型電子メール保護の7日間のトラフィック傾向]
    • Web Protection を利用する場合:  [SaaS型Web保護]

    Activation_SCダッシュボード

  4. 以下のアカウント登録画面が表示されたら、下記手順で必要事項を入力し、登録を行います。
    Activation_アカウント登録

    1. プライマリドメイン名 に管理されたい電子メールドメイン名を入力します。

      ※ プライマリドメイン名は正確にご入力ください。間違えて登録した場合にはデータベースの修正が出来ません。その為、再契約が必要となりますのでご注意ください。
    2. 技術担当者の電子メールアドレス にEmail/Web Protection からの通知メールを受け取る電子メールアドレスを入力します。
      ※ SecurityCenter のログインに使用した電子メールアドレス以外のものでもかまいません。
    3. 続行 をクリックします。

      Web Protection の登録の場合は下記のように、ドメインがありません(このサービスを使用するドメインがない場合に選択してください) チェックボックスが表示されます。
      ※ このチェックボックスを使用すると 7桁の数字.mcafee という名称の管理用ドメインがWeb Protection に作成されます。
      Activation_Webアカウント登録
  5. 登録が正常に完了すると、以下の画面が表示されます。
    Activation_登録後の画面
    SaaS型 Web保護サービス ウェルカムキット ならびに SaaS型 Web保護サービス ウェルカムキット には、サービス利用開始手順が記載されています。こちらの手順書の指示に沿って環境を構築します。
  6. Control Console へのアクセスは、SecurityCenter の ダッシュボード タブ の以下の項目をクリックして行います。
    Activation_SCからCCへのリンク
    • [SaaS型電子メール保護の7日間のトラフィック傾向] - 設定するにはここをクリックしてください リンク
    • [SaaS型Web保護] - 設定するにはここをクリックしてください リンク

以前のドキュメント ID

MX12071901

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.